スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.3月 マレーシア・キナバル登山とサバ州立鉄道

東南アジア最高峰のキナバル山は標高4,095m。技術的には難しくないが、登山口から標高差が2,300mあるほか、高山病に注意する必要がある。そしてベースとなるボルネオ島最大の街、コタキナバルにはサバ州立鉄道が走っており、かねてから行きたいと思っていたが、今回ようやく実現した。

1.キナバル登山
DSC_0664.jpg
行程は登山口で一泊、山中の山小屋で一泊。片道10km、往復20kmを2日かけて歩く。
DSC_0652.jpg DSC_0633.jpg
(左)山小屋の二段ベッド。シャワーもあって快適 (右)食事はビュッフェで好きなものを選ぶ
DSC_0688_201704182109041d8.jpg
山小屋の標高は約3,250m。高山病に注意が必要で水分を大量に摂取するのが有効。
DSC_0743_20170418210927bd7.jpg
South Peak付近の花崗岩スラブを歩く
DSC_0614.jpg DSC_0748.jpg
(左)麓で見たラフレシアの花 (右)途中でチェックポイントがあり、遅い時間だと先に進む事ができない
DSC_0693.jpg DSC_0720.jpg
(左)山小屋を2:30に出発、約3時間で山頂に到着し日の出を眺める (右)朝の山頂。この日は快晴!
DSC_0713.jpg
頂上からSouth Peakを望む。入山許可が必要で一日の登山者数は山小屋に宿泊できる約200名程度に制限されており、富士山のように大混雑という事はない。

2.コタキナバルの街歩きとビーチ
R0025292.jpg R0025287.jpg
コタキナバル中心部の市場にて。フルーツが安く楽しめる
DSC_0862_20170418210948d95.jpg
スピードボートで約10分、美しいビーチがあるサパ島のビーチでのんびり過ごす
R0025280.jpg DSC_0881_20170418211000d57.jpg
コタキナバル(Kota Kinabaru)は、KKと呼ばれる

3.サバ州立鉄道
DSC_0769_201704182109327b5.jpg
サバ州立鉄道はボルネオ島唯一の鉄道路線である。コタキナバルのタンジュン・アル(Tanjung Aru)とテノム(Tenom)を結ぶ線路を旅客列車と貨物列車が運行している。
DSC_0848.jpg DSC_0791.jpg
(左)途中駅のBeaufortにて (右)Beaufort・Tenom間の客車風景。座席のない車両もあり、大きな荷物を持ち込む事ができ、乗客はこうして地べたに座る
DSC_0771.jpg 
牽引するのは日立製作所のディーゼル機関車。1968年製造。
DSC_0802.jpg
窓は勿論、ドアも開け放して走る、なかなかワイルドな鉄道
DSC_0761_20170418210930bf1.jpg DSC_0567.jpg
(左)終点のTenom駅。Kota KInabaruからは約140km離れている (右)観光列車も週二回運行される
DSC_0539_20170418210839397.jpg
かつて名鉄で活躍していた特急北アルプスの車両も活躍しているのがうれしい

【ひとこと】
・コタキナバルへはマレーシア航空の直行便が週2回あり、約5~6時間で到着できる。価格重視の場合はクアラルンプール、ソウル、台北、香港経由でLCC(エアアジア、エアソウル等)もあり。今回は行きはソウル経由、帰りは香港経由で往復した。
・キナバル登山は1泊2日のツアーが多いが、今回のようには2泊3日だと余裕がある。入山許可が必要で一日200人程度なので混雑する時期は早めの手配が肝心
・サバ州立鉄道は運行本数は少ない上、全区間通して運転する列車はない。ジャングルの中を走るワイルドな列車はKKから離れたBeaufort~Tenom間なので、折角行くならこの区間の乗車がお勧め。尚、KK・Tenom間はバスも走っておりスピードも列車より早い為、有効活用すればKKからの日帰りも可能。

スポンサーサイト

2017.2月 冬の八方尾根スノーシューと 快速「リゾートビューふるさと」

厳冬期の北アルプスは難易度が高いが、スキー場のゴンドラやリフトを利用すれば絶景を望む事ができる。そしてもう一つの問題は天候・・・2月は晴天に恵まれる日が少なく、計画通りにいかず断念していた。しかし漸く好天に恵まれた週末が訪れ、一泊二日で八方尾根に行く事ができた。
DSC_0248.jpg
八方尾根スキー場、まずはゴンドラの終点へ。ここから二つのリフトを乗り継ぐはずが、強風で運休につき、人のいないスキー場をスノーシューで登る羽目になった。しかしこれはこれで快適。
DSC_0260.jpg DSC_0267.jpg
DSC_0271.jpg DSC_0277.jpg
この日の宿泊はリフトの終点にある「八方池山荘」 標高1,850m。この日の宿泊客は登山者7名のみ。個室を一人で使用する事ができた。
DSC_0283 (2)
翌朝、山荘前で日の出。鹿島槍ケ岳の双耳峰が朝陽に照らされ、荘厳な風景。
DSC_0280.jpg DSC_0295.jpg
浅間山方面から登る朝陽。さあ、山荘から誰もいない八方尾根を歩き始めよう。
DSC_0307_201702251857422c2.jpg
歩き始めて30分、鹿島槍(左)と五竜岳(右)。この付近の尾根は広く絶景を眺めながらスノーシューで快適に登る・・・しかし風が強い。
DSC_0324.jpg
写真では伝わらないが上に行くほど風が強まり飛ばされそうになる。背景には不帰の剣
DSC_0332.jpg DSC_0345.jpg
(左)八方池ケルン (右)少し上った樹林帯に入るが風は強まるばかり。予定ではもう少し上まで行くつもりだったが断念し引き返す事にする。
DSC_0356.jpg
ゴンドラとリフトが動き出し、続々と登ってくる登山者、スキーヤー、スノーボーダー。
DSC_0382_20170225185814ca1.jpg
八方池からもう一度不帰の剣を眺める
DSC_0400.jpg DSC_0407.jpg
(左)唐松岳まで行く予定の登山者も断念して下山との事 (右)右下に見える八方池山荘までの下り
DSC_0426 (2)
帰りは白馬駅から松本駅迄、臨時快速「リゾートビューふるさと」に乗車。背景に白馬三山
DSC_0439.jpg DSC_0457 (2)
白馬駅に入線するハイブリッド車両HB-E300。南小谷発松本経由長野行、二両編成
DSC_0446.jpg DSC_0466.jpg
なかなかモダンなデザイン。運転席の後ろは共有スペースの展望座席となっている。

【ひとこと】
・リフト終点の八方池山荘は通年営業、一泊二食付きで9,500円。風呂もあり暖房完備。天候にさえ恵まれれば絶景を堪能できる。但し稜線上は風が強い日が多いので要注意。
・臨時快速「リゾートビューふるさと」は週末のみ運行。運賃プラス快速料金520円で楽しむ事ができるのでお得な列車といえるだろう。白馬発15時半過ぎで登山帰りに利用しやすい時間帯なので是非! 今回土曜日の上り列車に乗車したが、乗車率は3割程度だった。
 

2016.2月 オフシーズン・冬の屋久島で、太古の森を彷徨う

屋久島へはいつか行ってみたいと思っていたが最低3泊は必要だし、混雑している登山道の写真を見ると躊躇していた。しかしオフシーズンの冬は空いており、飛行機を乗り継げば比較的楽に行けるという情報が。善は急げ・・・という事で、早速2月の飛び石連休を利用して屋久島へ行ってきた。

R0023993 (2) R0023995.jpg
(左)JALで羽田空港から鹿児島空港乗継で屋久島空港へは昼前に到着 (右)まずは地元でとれる魚の定食。奥は名物のトビウオのから揚げ
000028660767.jpg
根元から見上げた杉の大木・・・これぞ屋久島の風景! 白水雲水峡は麓の宮之浦から車で約30分のぼったところにある。体力に合わせたトレッキングコースを選ぶ事ができる。
000028660692.jpg 000028660797.jpg
次々と現れる杉の大木。登山道自体が根の空洞を通る「くぐり杉」は入り口から1時間程の場所にある。
P_20160214_085704.jpg
ヒメシャラの根が岩を覆うように成長している
000028660662.jpg 000028660591.jpg
弥生杉コースに現れる三本槍杉と二代大杉。入口から一周約3時間のトレッキングコース。
R0024038.jpg
こちらは宮之浦岳への登山。あいにくの雨だったが何とか展望は楽しむ事ができた。
R0024041.jpg R0024042.jpg
宮之浦岳は九州最高峰、1936m。登山口から往復10時間以上かかり登山用の装備が必須。
R0024064.jpg R0024078.jpg
(左)最南端の高層湿原、花之江河 (右)登山口から近い淀川小屋近くにて。澄んだ水が美しい
R0024089.jpg
再び白水雲水峡にて、切り株や岩に張り巡らされた根と苔が織りなす神秘的な風景
R0024101.jpg R0024115.jpg
R0024131.jpg
苔むした岩、清流、切り株・・・・・太古の世界にタイムスリップしたような風景
R0024132.jpg R0024133.jpg

【ひとこと】
・世界遺産にも指定された屋久島は周囲約100kmで、九州最高峰の宮之浦岳を中心に深い山々と緑の森に覆われた大自然に溢れた別天地。観光客も増えてきており、特にゴールデンウィーク、夏休みは混雑するらしいが、冬はオフシーズンで静かな屋久島を満喫することができる。飛行機・宿泊費も安いが、食堂などは営業していない場合もあるので要注意。
・冬の宮之浦岳への登山は、防寒具、アイゼン等の装備が必要だが、白水雲水峡は一般の観光客でもトレッキングシューズがあれば十分楽しむ事ができるのでお勧め。

2015.10月 九州遠征(韓国岳・開聞岳と日本最南端の駅)

学生時代の山仲間達と二泊三日で九州に遠征。一泊目は霧島温泉に宿泊して翌日韓国岳(1,700m)へ。二泊目は指宿温泉に宿泊し開聞岳(924m)登山。幸いにも三日間好天に恵まれ、南九州の山と味覚、温泉を堪能する事ができたので、その写真を。

1. 韓国岳(1,700m)と嘉例川駅(肥薩線)
R0023919.jpg R0023925 (2)
鹿児島空港から霧島温泉へ向かう途中、肥薩線の嘉例川駅へ。三年前に一度訪れたが何度来ても味わいがある駅だ。ちょうど普通列車が到着。
R0023937.jpg R0023934.jpg
翌日は霧島連峰の最高峰、韓国岳へ。遥か韓国まで見渡せたから名づけられたとの説もあるが、実際には見えない。登山口のえびの高原はススキが美しい。上りは約2時間30分ほど。
19 - 3
頂上の景色を楽しんだ後は、大浪池へ下る。4万年以上前に活動した古い火口が湖となっている。

2.開聞岳(924m)と西大山駅(指宿枕崎線)
R0023960.jpg 
指宿温泉から車で約30分、開聞岳登山口から歩き出す。コースタイムは上り約3時間30分、下り2時間30分
R0023964.jpg R0023965.jpg
登山道は途中まではなだらかだが、最後は梯子も登場する急登となる。
R0023966.jpg
薩摩半島の南端に位置する為、頂上からの海の眺めは格別。
R0023967.jpg
開聞岳頂上から池田湖方面を望む。背景には大隅半島の山々が。
R0023985.jpg R0023983.jpg
登山の後は日本最南端の駅、西大山駅へ。
R0023982.jpg
単線、非電化、駅舎なし、無人駅。開聞岳の眺めも申し分なし。
 
【ひとこと】
韓国岳・開聞岳とも日本百名山で、九州まで来ると一緒に登る人が多いようだ。今回は好天に恵まれ秋の山と九州の味覚を満喫する事ができた。それに加えて、日本最南端の駅と登録有形文化財の駅も訪れる事ができ、実り多い週末となった。

2015.8月 北アルプス・裏銀座(ブナ立尾根~烏帽子岳~水晶岳~新穂高温泉)

8月はやはり、夏山の魅力を最大限に味わえる北アルプスへ。 今回は最深部の黒部源流の山々を目指す夜行2泊3日の山旅だ。
今回の日程は下記の通り。

一日目: 新宿(前夜発)+++信濃大町====高瀬ダム---ブナ立尾根---烏帽子小屋・烏帽子岳往復
二日目: 烏帽子小屋---野口五郎岳---水晶小屋・水晶岳往復---三俣山荘
三日目: 三俣山荘---双六小屋---鏡平・わさび平小屋---新穂高温泉===新宿

DSC_0788.jpg DSC_0796_20150829222704118.jpg
(左)新宿から臨時夜行列車「快速・ムーンライト信州」で出発。6両編成で指定券は売り切れの人気。(右)翌朝5時過ぎ、大糸線の信濃大町に到着後、裏銀座への登山口がある高瀬ダムへタクシーで向かう。
DSC_0833.jpg DSC_0801.jpg
(左)初日は北アルプス三大急登と呼ばれる「ブナ立尾根」を登り約4時間で稜線に到着。登っている最中は雨だったが山小屋に到着後、雲が切れ青空が広がった (右)烏帽子小屋。素泊まり6,500円
DSC_0831.jpg
小屋から烏帽子岳迄は片道約30分。
DSC_0842.jpg DSC_0861_20150829222736a28.jpg
(左)二日目は快晴。小屋を朝5:30出発 (右)まずは三ツ岳を経由して野口五郎岳へ。所要約3時間。
DSC_0862.jpg
野口五郎岳から望む水晶岳(2,986m)。カールを有する堂々とした山稜だ。
DSC_0858.jpg DSC_0864.jpg
(左)野口五郎小屋で一休み (右)登山道にてハイマツの中に雷鳥を発見
DSC_0851.jpg DSC_0840.jpg
(左)コマクサが可憐な花をつける (右)チングルマは既に花が散り実をつけていた
DSC_0902.jpg
山はすでに秋の気配。高山植物も紅葉が始まっている
DSC_0838_20150829222719dc6.jpg DSC_0896.jpg

DSC_0882.jpg DSC_0940.jpg
(左)8月下旬とはいえ所々に雪渓が残る。持参したカルピスでかき氷 (右)青空にウサギギクが映える
DSC_0905.jpg DSC_0918.jpg
(左)水晶小屋手前は崩壊が激しい。結構体力を消耗する (右)水晶小屋から水晶岳(2,986m)へ。所要時間往復約1時間15分
DSC_0922_2015082922275849c.jpg
水晶小屋から三俣山荘を目指す。鷲羽岳経由より時間短縮できそうなな黒部源流を経由したが、それ程楽な道ではなかった。
DSC_0931.jpg DSC_0934.jpg
(左)黒部源流経由の道。雪渓が残る (右)ようやく三俣山荘に到着。この日の行動時間は約11時間30分。 
DSC_0947.jpg
三日目。三俣蓮華岳のカールを行く。高山植物が咲き乱れ快適な道。
DSC_0957.jpg
白い花はタカネイブキボウフウ、手前の紫はトリカブトの花
DSC_0961.jpg DSC_0966.jpg
下山途中、鏡平山荘ではかき氷が楽しめる。ヘリコプターで運んでいるとの事。ついでに生ビールも(笑)
DSC_0980_20150829222840f35.jpg DSC_0981.jpg
わさび平小屋で昼食。ここまで来ればゴールの新穂高温泉は目の前。

【ひとこと】
・初日のブナ立尾根は1,300mの標高差を一気に登る。急登ではあるが樹林帯なのでペースをつかめばそれ程苦しくはない。しかし二日目の裏銀座核心部、特に野口五郎岳から水晶小屋手前は、巨岩や崩壊箇所があり、日差しを遮るものがなく結構体力を消耗する。今回は水晶小屋を往復し三俣山荘迄の行程であったが、行動時間が長くなり山小屋到着が遅くなったのは反省点。
・8月下旬ともなると夏山のピークは過ぎ、山小屋も空いていて比較的静かな山行が楽しめた。さて来年はどこに行こうか・・・・
プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。