祝・東京駅舎復原!~同時期に完成した中国・台湾の駅舎

東京駅丸の内駅舎が復原され、完成した1914年当時の姿が全容を現し、連日多くの人々で賑わっている。さて、東京駅舎の建築が始まった1908年と言えば、日本が日露戦争に勝利した直後。当時植民地であった中国東北部、台湾にも東京駅等を模した駅舎が建設され、今でも現役の駅舎が残っている。

1.中国・瀋陽駅と遼寧賓館(旧ヤマトホテル)
2011-05-348.jpg
南満州鉄道(満鉄)・瀋陽駅(旧・奉天駅)の赤レンガの駅舎が建設されたのは1910年で、東京駅完成より4年早い。設計は東京駅の設計者である辰野金吾の弟子である太田毅で、外観や雰囲気が似ている。(2011.5月撮影)
2011-05-351.jpg
満鉄の駅舎の中でも最大規模を誇った旧・奉天駅。赤い看板が邪魔をしているのが惜しい
2011-05-352.jpg
現在この瀋陽駅の他、瀋陽北にも大規模なターミナル駅があり、多くの高速列車は北駅から発着する。
2011-05-331.jpg
満鉄が経営していた奉天ヤマトホテルは、旧奉天駅に併設されたステーションホテルの新館として1929年に開業。奉天大広場(現中山広場)前にあり、内外装はアール・デコ調のデザイン、外壁は白色のタイル貼り仕上げ。当時は最新かつ最高格式のホテルであるが、現在も遼寧賓館として営業している。
182_20121011214412.jpg 2011-05-330.jpg

2.中国・大連駅と大連賓館(旧ヤマトホテル)
瀋陽駅が東京駅に似ているのに対し、大連駅は上野駅をモデルにしている事で知られている。
2011-05-122.jpg a2ae75eaf5d889306c1d15d760a34c32.jpg
(左)大連駅完成は1937年。設計は満鉄社員の太田宗一郎。出発は2階から入口へ、到着は地下から出口へと、乗降客の流れを立体的に分離し、当時としては斬新な設計。(右)大連駅のモデルとなった上野駅駅舎は1932年完成。
2011-05-100.jpg
そして、大連ヤマトホテル(現・大連賓館)の設計者は瀋陽駅舎と同じ太田毅と言われている。 鉄骨煉瓦造地上4階・地下1階建で、竣工は1914年だから東京駅舎と同じ頃に完成した事になる。
2011-05-99.jpg 074_20121011214413.jpg
重点保存建築に指定され修復されており状態は良い。現在も三つ星ホテルとしてまだまだ現役。
2011-05-95.jpg 073.jpg
折角の機会なので大連賓館に宿泊した。調度品も風格を感じさせる。一泊日本円で5千円以下で宿泊できるので、鉄道ファンならずとも大連を訪れた際は、是非宿泊しタイムスリップ体験を!
  
3.台湾・台中駅
所変わってこちらは台湾・台中の駅舎。1908年に着工し1917年に竣工されたもので、設計者は松崎萬長。バロック式の赤レンガの外観といい高い吹き抜けといい何となく東京駅に似ている。(2009.10月撮影)
154.jpg
台中駅は東京駅より一足早く修復が行われ、大切に保存されている。中央に鐘塔を抱き、当時のターミナル建築のスタイルを踏襲している。駅構内には日本統治時代の鉄道倉庫を利用した芸術展示スペースもある。
156_20121011213150.jpg
高鐵(台湾新幹線)の台中駅とは離れており、在来線のみが停車。

【ひとこと】
・これらの駅舎・ホテルの他に、大連、瀋陽等の中国東北部には、植民地時代の建築物が修復され保存されているものも多いので、当時を偲んでみるのも良い。
・特に大連・瀋陽の旧ヤマトホテルは、一泊5千円程度で宿泊可能なので、鉄道ファンならずとも泊まってみる価値があるので、機会があれば是非!
(参考)大連賓館のHPはこちらへ。

スポンサーサイト

2011.04大連・瀋陽・調兵山 鉄道紀行

昨年、真岡鐡道で走っているC12を見に行った時、自分が中学・高校生の時に九州や北海道に蒸気機関車を追いかけていた頃の記憶が鮮やかに蘇ってきた。

中国には、現役で活躍する蒸気機関車が、2011年現在まだ存在するという。しかしそれも風前の灯・・・・
今のうちに見ておかなくては、という事で、5月の連休を利用して大連へ飛んだ。
146 - コピー 330 - コピー
(左)夕陽に光る躍進269号。調兵山駅にて (右)よく手入れされた動輪が美しい

日本各地で動態保存されている機関車は貴重であり、関係者の苦労には本当に頭が下がる。しかし、現役で客車・貨物を牽引している蒸気機関車、そして現地の乗客・乗務員の表情、そして汽車が走る風景を体験する喜びはまた格別である。

国内ではもう30年以上前に見られなくなってしまった光景が、今なら3時間余りのフライトで中国へ飛べば見る事ができる。流石に中国でも既に主要幹線からは姿を消しているが、炭鉱等で細々と現役で働く機関車がまだ残っている。しかし、それらも国策で無煙化が進んでいる現在、何時無くなってもおかしくはない。

340 - コピー 336 - コピー
(左)調兵山駅にて。女性の車掌が多く活躍している (右)後向きで客車を牽引する上游号

日本から最もアクセスが良いのは、調兵山という人口25万人程の市で、瀋陽から100km程。ここは1956年に埋蔵量の豊富な炭鉱が発見され、現在も「遼寧鉄煤集団」という石炭会社により採掘が行われている。遼寧省石炭生産量の三分の一を占めているらしい。

現在活躍している蒸気機関車は3台。市内中心部から炭鉱に向かう支線が張り巡らされており、朝夕は労働者を運び、日中は石炭を運搬するというわけだ。
142 - コピー 168 - コピー
(左)客車内部。椅子は固めで長時間の乗車はきつい (右)調兵山は人口約20万人の炭鉱の町

撮影には料金を支払い、許可証を得る必要がある。博物館が併設されていたりして、町おこしの一環としても、蒸気機関車をうまく利用しているようだ。

日本は勿論、欧米の鉄ちゃんも良くやってくる。今回は日本のゴールデンウイークだったので、カメラと三脚を持った元・鉄道少年達が10名以上、いくつかの団体で行動していた。単独で来ている人は見かけなかった。

中国は上海・北京等に出張で何度か行った事があり、大都市の移動であれば中国語ができなくても筆談で何とかなる。しかし大連・瀋陽は初めてで、しかも調兵山での撮影には車が必要な事から、現地の旅行社にオリジナルのツアーを組んでもらう事にした。

 
今回のコースは下記の通り、4泊5日の全日程鉄道三昧!
何せ一人だけなので自分の行きたい場所に行き、好きなだけ滞在できるのは有難い。

1日目: 成田--大連 JL827(09:45-12:00) 宿泊:大連賓館(旧大連ヤマトホテル)
大連市内見学(市電乗車、旧満鉄本社、特急あじあ号を牽引した蒸気機関車パシナの見学等)

2日目: 大連--瀋陽 特急列車T5303 (08:00/11:54) 宿泊:調兵山鉄煤賓館
車で調兵山へ(約1時間半)、到着後蒸気機関車撮影

3日目: 調兵山蒸気機関車撮影後、車で瀋陽へ  宿泊:瀋陽君悦酒店

4日目: 午前中瀋陽市内見学(奉天駅、旧瀋陽ヤマトホテル、満鉄本社)
瀋陽--北京 特急列車D2(13:01/17:01) 北京泊(友人宅)

5日目: 北京市内見学(鉄道博物館、地下鉄等)
北京--羽田 JL024(16:40-21:00)


その時の写真はこちらへ。

【ひとこと】
・現在(2011年)、調兵山にある蒸気機関車は3台のみ。昔は全て蒸気機関車だったが、かなりの部分がディーゼル機関車に置き換えられてしまった。但し、機関車の製造年は1999年と意外に新しい。まだ当分は運行されるのではないか・・・・と淡い期待。

・瀋陽迄は全日空・中国南方航空等が運行しており、車をチャーターすればその日のうちに調兵山迄行く事が可能。夜間も蒸気機関車は火を落とさないようなので、駅前のホテルに宿泊すれば夜の撮影も楽しめる。

・機関車の運行状況によっては、運転席に乗せてもらう事もできるという。(運転手に幾らか渡すらしいが) 今回は残念ながら無理だったので、近いうちにまた行くしかないか・・・(笑)
プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR