スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.6月 山と鉄道三昧の週末(霧積温泉~鼻曲山・碓氷峠旧信越本線跡)

 山に登る時はなるべく鉄道を利用するようにしている。今回の目的地は群馬県と長野県の県境にある鼻曲山(1,560m)であるが、碓氷峠の近く予てから行きたかった鉄道文化むらと旧信越本線の廃線跡も同時に訪れる事ができた。

1. 霧積温泉から鼻曲山往復
R0023467.jpg
霧積温泉は高崎から車で約1時間。一般車は手前の駐車場に停め、宿の送迎車を利用。山の中の静かな宿
R0023470 - コピー R0023471.jpg
鼻曲山迄は上り2時間半、下り2時間。樹林帯の静かな道で歩きやすい
R0023478.jpg R0023476 - コピー
(左)頂上からの浅間隠山。浅間山も間近に見えるが今回は雲が多かった (右)鼻曲山頂上
R0023482.jpg R0023492.jpg
(左)新緑が美しい (右)夕食は地元のこんにゃく、山菜等。二食付で一泊約1万円。
R0023493.jpg
霧積温泉は森村誠一の「人間の証明」の舞台となった事でも有名
 

2.碓氷峠鉄道文化むら
R0023494.jpg R0023496.jpg
まず出迎えてくれるのが189系特急車両。正面は「あさま」、横は懐かしい「そよかぜ」の表示が
R0023497.jpg
保存車両の中に入れるのは珍しくないが、なんと運転席に自由に入れるのは珍しい
R0023501.jpg R0023518.jpg 
(左)クハ189運転席からの眺め (右)その他にも興味深い展示が多数
R0023516.jpg
特急列車のヘッドマーク・・・懐かしい名前ばかり
R0023511.jpg R0023515.jpg
電気機関車の運転席にも入る事ができる
R0023509.jpg
電気機関車のマスコン(Master Controller)・・・美しい!
R0023519.jpg
反転フラップ式の発車標も最近は殆ど見かけなくなった
R0023521.jpg R0023495.jpg
(左)アプト式の電気機関車。これを前に1台、後に3台つけて碓氷峠を上ったという (左)アプト式レールラック
R0023524.jpg
D51 96はナメクジと呼ばれる半流線型のドームが特徴
R0023528.jpg  R0023529.jpg
(左)占領下の進駐軍用一等寝台車 マイネ40(昭27年製造) (右)おなじみ国鉄色のキハ20(昭37年製造)
R0023533.jpg
電気機関車EF58 172は昭33年製造。「はと」や「つばめ」を牽引した。
R0023546.jpg
旧信越本線(アプト式鉄道時代)の廃線跡が約5kmの遊歩道となっている。3つの橋梁と10のトンネルがあり鉄道煉瓦構造物群などの碓氷峠鉄道遺産にふれる事ができる。
R0023551.jpg
通称「めがね橋」と呼ばれる碓氷峠第三橋梁。1893(明治26)年に造られたとは、先人達の土木技術の高さに目を見張るばかり。
R0023561.jpg R0023572.jpg
(左)横川駅へ来たら食べたい「峠の釜めし」1,000円 (右)ちょうど臨時列車SL/DL碓井の運転日だった。ちなみに横川駅には転車台がない為、下り列車はDL(ディーゼル機関車)が牽引し、上り列車はSL(蒸気機関車)が牽引する。
R0023564.jpg
SL碓井を牽引するC61 20とは2年振りの再会。前回のSLみなかみの写真はこちらへ。

【ひとこと】
・鼻曲山は登山口からの標高差は約600m, コースタイムは約5時間。天気が良ければ浅間山を始め上信越の山々の眺めが良い(今回はあいにく雲が多かったので写真は省略)。登山道は原生林で覆われ爽やかな新緑の山を楽しむ事ができた。紅葉の時期も見事だろう。

・碓氷峠鉄道文化むらは初めて訪れたが展示が充実しているだけでなく、静態保存の機関車、特急車両の運転席にも入る事ができ、予想以上に楽しめた。「めがね橋」は車で行く事もできるが、是非アプトの道を自分の足で歩いて「めがね橋」を訪れる事をお勧めしたい。120年以上前に短期間でこの煉瓦の橋とトンネルを作った事も驚きだが、大規模な補修なしでそのまま残っているのも凄い事だ。
スポンサーサイト

2015.5月 最後のJR夜行急行「はまなす」で北海道へ

来春の北海道新幹線・函館開業に合わせ、寝台特急「北斗星」が消え、「カシオペア」も廃止予定である事は新聞等でも報道されているが、夜行急行「はまなす」の事は鉄道ファン以外の人は存在すら知らないのではないか。正式には発表されていないが、同じく廃止される可能性が大きいこの列車、乗れるうちに行こうという事で、いざ青森駅へ。

1. 急行「はまなす」乗車記
R0023278.jpg R0023279.jpg
(左)ひっそりとした青森駅。青函連絡船があった頃の賑わいを知る者としては少し淋しい (右)はまなすを牽引する青函トンネル用機関車ED79も引退間近
DSC_0886.jpg
青森22:16で札幌到着は翌朝6:07。青森入線は21:30過ぎ
R0023342.jpg R0023300_20150523105903460.jpg
(左)今回利用した指定席は「ドリームカー」の名称がつけられている。ご覧の通り塗装が剥がれ痛々しい (右)ドリームカーの端にあるサロンスペースは場末のスナックのようで、昭和の雰囲気を醸し出す
R0023306_201505231059044c4.jpg
寝台車もあるが一番人気がこの「カーペット」車。指定券と同じ値段で横になれるだけでなく、枕や毛布もある。今回も満席で予約できなかった。
R0023316.jpg DSC_0893.jpg R0023281_20150523105858b52.jpg
(左)ED79 4は昭和50年製造 (中)この14系客車は昭和49年、新潟鉄工所製造 (右)おなじみB寝台車は1, 2号車。函館・青森の距離だと6,500円の料金を払うのは勿体ないか・・・
R0023307.jpg R0023308.jpg
自由席(3、7号車)は2両。何故かカーペット車(4号車)と指定席車(5,6号車)を挟んで連結されている。
R0023317.jpg R0023301.jpg
(左)指定席車の椅子はグリーン車を改造したもの。リクライニングも145度まできくのでゆったりと過ごせる (右)女性用シートもあり
R0023321.jpg R0023285_20150523105900db6.jpg
DSC_0898.jpg
青函トンネルを越え函館到着。ここで40分以上停車し、機関車の交換を行う
R0023329.jpg R0023337.jpg
(左)函館駅ホームにある列車のりば案内。時間の経過に応じて、「○号」の数字が取り替えられていくという原始的なもの。新幹線導入後も残るのだろうか? (右)函館からは非電化区間となるためディーゼル機関車DD51の出番
R0023336.jpg  
函館で方向が変わり7号車が先頭となる

2. 追分の鉄道資料館と日高本線・室蘭本線・函館本線の単行列車
札幌まで乗りたかったのだが、是非寄りたい場所があったので、苫小牧で下車。
R0023357.jpg R0023355.jpg
(左)苫小牧到着5:00、日高本線の始発に乗り秘境駅を目指す (右)日高本線塗装のキハ40。始発は3両編成、苫小牧からの乗客は2名のみ。5:47に鵡川に向けて出発。(現在日高本線は災害の影響で鵡川-様似間がバス代行で、運行されているのは苫小牧・鵡川の30.5kmのみ)
DSC_0922.jpg
まず第一の目的地は浜厚真駅。苫小牧から近く、戻ってくる時間も丁度良かった。(6:10到着、6:34出発)
DSC_0935.jpg
上りは単行列車。通学の高校生で座席は半分程度埋まっており浜厚真からも2名乗車。6:34発、苫小牧着6:54
DSC_0939.jpg DSC_0006.jpg
(左)続いて向かったのは室蘭本線の追分駅。何と、先ほどの日高本線の車両がそのまま追分行として運用されていた。こちらも高校生で座席はほぼ埋まり途中駅からは立つ乗客も見られた (右)苫小牧発7:31 追分駅到着 8:09
DSC_0962.jpg
追分駅正面。かつては夕張線からの石炭貨物列車が多く往来して栄えたが、現在は旅客列車のみとなり、広々とした構内だけがその面影を残している。中学・高校生の頃、蒸気機関車を見に訪れて以来約40振りの再訪。
DSC_1007.jpg DSC_0976.jpg
駅から徒歩15分程の安平町鉄道資料館。5月~10月の第2・4金曜日開館だが、事前に教育委員会に連絡しておけば案内してもらえる。
DSC_0979.jpg  
室蘭本線で活躍していたD51 320。静態保存だが保存会の皆さんにより隅々まで磨かれている事に感激
DSC_0001_20150523104203730.jpg DSC_0982.jpgDSC_0986.jpg
当時を知る者にとっては懐かしい展示ばかり
DSC_0983.jpg
 
DSC_0019_201505231042068ab.jpg
追分を後に札幌へ。定期運行は終了したが、臨時の「北斗星」はまだ活躍中という事で、札幌駅で撮影。今年8月がラストランとなる。
DSC_0090.jpg DSC_0103_20150523104209057.jpg
(左)翌日は小樽・余市を訪れたついでに函館本線・蘭島駅へ。木造の跨線橋が美しい (右)単線区間で丁度列車の交換が見られた。
DSC_0094_20150523104208832.jpg
蘭島駅で列車交換を待つキハ150型。マッサンの影響か、余市からの乗客で満員だった。
 
【ひとこと】
・いよいよ廃止が間近となった急行「はまなす」。サンライズ瀬戸・出雲、ムーンライトながら等は残るが何れも電車であり、機関車が牽引する客車の定期夜行列車が消える事になる。

・北斗星やカシオペアは切符入手が困難であるが、はまなすの指定券は比較的取りやすく、自由席もあるので、思い立ったら乗れるのがポイント。東京発18:20の新幹線に乗れば新青森乗継ぎ、札幌には翌朝6:07に到着。

・尚、新幹線料金・乗車券・急行券を含め、料金は2万円を超える。これに対し帰路のLCC(バニラエア)は料金約5千円。余程鉄道が好きな人でないと飛行機を選ぶだろう・・・・これも時代の流れだろうか。何れにしろあと僅かなので、昭和の雰囲気に浸るなら是非!


2014.12月 名古屋へ行ったら「リニア・鉄道館」へ

首都圏で「鉄道博物館」といえば昔は神田、今は大宮で、こちらはJR東日本が運営。2011年に開設された「リニア・鉄道館」は、名古屋に本社を置くJR東海が運営しており、東海道新幹線を始め東海地方にゆかりのある車両が展示されている。週末名古屋に往復する機会があり、漸く訪問する事ができた。
062_20141214205939755.jpg 011.jpg
(左)場所は名古屋駅から「あおなみ線」で24分、名古屋港の「金城ふ頭」駅前にある。入場料金は1,000円 
(右)(下)エントランスホールを抜けると、薄暗いスペースに 新幹線(300X)とリニアモーターカー(LMX01)、そして蒸気機関車(C62 17)の三両が展示されている。
001.jpg 
ついつい蒸気機関車の堂々とした佇まいと精巧さに目が行ってしまう。C62 17は1948年製造、特急つばめ・はと等を牽引した。狭軌鉄道の蒸気機関車としては最高の時速129kmを達成。
052_20141214205908a06.jpg
更に進むとメインの展示場。30両を越える車両が展示されていて圧巻。
016_20141214205815383.jpg 033_20141214205835116.jpg
(左)電気機関車(ED 18 2)は1923年製造。東海道本線の電化に備え鉄道省がイギリスから輸入 (右)特急気動車(キハ181)は1968年製造で中央本線の「しなの」等に使用された。JNRのロゴが懐かしい。
013_20141214205813646.jpg
新幹線(0系)と並んだ特急しなの(クハ381)は1971年製造。
023.jpg 024_201412142058345f8.jpg
(左)1947年製造のモハ63。 (右)急行「東海」に使われたクモハ165と、その横にはサロ165(グリーン車)1966-67年製造。
021_20141214205816776.jpg 044_201412142059059c4.jpg
(左)1941年製造の客車(オハ35)、中央には建築限界測定車(オヤ31)等、珍しい車両が並ぶ (右)我々の世代には懐かしい電気機関車EF58 157は1958年製造。
039_20141214205903af2.jpg
クモハ12は1927年製造。晩年は飯田線で活躍した。背景には特急気動車キハ181
037_20141214205837a6c.jpg 038_2014121420583870f.jpg
(左)奥は気動車キハ48000とオロネ10、一等寝台車 (右)客車(スハ43)は戦後新設された標準型の客車
050_2014121420590633e.jpg 055_2014121420590991a.jpg 
(左)2階の展示場にて。JR東日本の東北・上越等の新幹線は勿論、かつて東海道新幹線でも見かける事ができた500系はJR西日本開発なのでスルー(笑)されている。厳密に言うと「JR東海による」歴代の新幹線車両 (右)準急「東海」のヘッドマーク

【ひとこと】
・大宮の鉄道博物館が万遍なく様々な時代・種類の車両(機関車・客車・電車・新幹線・貨車)を展示しているのに対し、ここリニア・鉄道館は東海地方にゆかりのある車両が並べられている。特にリニアの車両、新幹線の車両の多彩さ、東海地方で使用されていた電車・気動車・客車が見どころ。
・但し大宮と比べると、車両内部に入れたり、座る事ができる座席が限定されているのが残念。とは言え、懐かしい車両に囲まれていると幸せな気分に浸る事ができる。鉄道ファンは必見の博物館と言えるだろう。

2014.11月 一足お先に寝台特急「北斗星」にサヨナラを

2016年3月の北海道新幹線・函館開通時に、青函トンネルを通過する夜行列車の廃止が予定されている。現在日本に残されている数少ない北海道行きの寝台列車「北斗星」「カシオペア」で旅ができるのもあと一年程となった。廃止が近づくと益々予約が取れない上、客層がテツに偏る事が予想される為、一足お先に「北斗星」にサヨナラを言いに北海道を訪れた。

1. 北斗星旅行記(札幌17:12⇒上野9:38)
今回の旅、当初は「金曜夜に上野出発。土曜日札幌で一泊後、日曜夕方の飛行機で帰る」計画だったが、同じ事を考える人が多いようで、みどりの窓口に一か月前の10:00訪れたにも拘わらず、開放B寝台を含め満席。上りも満席との事でしばし途方に暮れる。

しかしその後根気よくキャンセル待ちでみどりの窓口を訪れたところ、出発の2週間程前になって札幌発月曜のB寝台個室・デュエットを確保できた。上野到着は火曜日の朝となるので、休暇を申請していざ11月の北海道へ。
198.jpg
札幌発17:12は通勤時間帯とあって、入線は僅か10分前。旅情にひたる間もなく写真撮影。
186_20141122223858173.jpg R0022723.jpg
(左)北斗星・カシオペアで旅行ができるのもあと1年程。この表示も撤去されてしまう (右)乗車券だけで片道約18,000円。その他B寝台で約10,000円・・・LCCや早割がある飛行機と比較するとかなりの割高感。
191.jpg 196.jpg
(左)函館迄はディーゼル機関車、青いDD51の重連 (左)3号車・B寝台デュエットの個室に乗り込む。尚、意外と空席は多く乗車率は8割程度か?
200.jpg 202.jpg
(左)2階のB寝台個室からは星空が眺められる (右)1階B寝台個室。JRの浴衣を着てのんびり過ごす。
R0022708.jpg R0022685_20141122230421bad.jpg
ブルートレインに乗るからには是非体験しておきたい食堂車。まずは北海道限定「サッポロ・クラシック」で乾杯
R0022676.jpg
定員は約28名、テーブルは10組。今回は相席とはならずゆっくりと食事を楽しむ事ができた。
R0022693.jpg R0022680.jpg
(左)懐石御膳は北海道の味覚が楽しめる (右)ディナーの予約券も事前にみどりの窓口で購入要。フランス料理は8,500円、懐石御膳は6,000円!しかし食堂車が利用できるのもあと僅かであり奮発。
R0022695.jpg R0022703.jpg 
フランス料理のコースから「真鯛のポアレ、二種のソース」、「デザート、スペシャルガトーの盛り合わせ。チョコレートが北海道の形をしていたり、オードブルの人参が☆だったり、いろいろと凝っている。
R0022713.jpg R0022716.jpg
食堂車隣りにあるラウンジ。その横にはシャワーもある(一回320円、今回は利用せず)
207_20141123203926709.jpg 229.jpg
函館到着21:36、出発21:48。ここで電気機関車に交換するとともに、進行方向が逆になる。
234.jpg
函館駅にて。この時間食堂車はパブタイムとなっており、予約券なしで利用可能。
238.jpg R0022736.jpg
その後青森で再び機関車交換し、一路上野へ向かう。翌朝は出勤の為鉄活動は程ほどに切り上げ熟睡。
ちなみに上野到着アナウンスはこちらへ。
R0022741.jpg 
上野駅13番線ホームに定刻9:38到着。

2. 小樽の鉄道遺跡を訪ねて(小樽駅・手宮線跡・総合博物館)
札幌から電車で約40分、小樽は運河と古い町並みで人気の観光地であるが、鉄道好きにも見逃せないスポットが点在している。
R0022516.jpg  R0022522.jpg
(左)小樽駅4番ホームには昔の駅名標が残る。 (右)昭和の面影を色濃く残す駅舎
R0022528.jpg
明治13年に小樽・手宮〜札幌を結ぶ北海道で最初の鉄道として開通した手宮線跡。昭和60年廃線後、近代化産業遺産に指定され、現在遊歩道となっている。市内中心部にあり一般の観光客も多い。
015_201411222241185c9.jpg 019_2014112222414494f.jpg
(左)中心部から少し離れているものの、鉄道ファンなら小樽市総合博物館は必見。転車台が二つ残る他、機関車、客車、ディーゼル車、ラッセル車等が静態保存されている。 (右)博物館手前の手宮線跡の風景。
043_20141122224147609.jpg 055_20141122224148ea4.jpg 058.jpg 053_2014112410032155c.jpg
博物館内の展示。蒸気機関車「しずか号」等が展示されており、鉄道が北海道開拓に果たした重要な役割がわかる。昭和の鉄道ファンにとっては、上記機関車のプレート、道内急行列車のサボの展示が泣かせる。
063_20141122224208c81.jpg 030.jpg 073_20141122224209c37.jpg 081.jpg
屋外には機関車、ディーゼル車、貨物車、ラッセル車が50両近く展示されており、その数と種類に圧倒される。尚、冬季は車両にカバーが掛けられ見る事ができないので注意。
092_201411222242133bb.jpg
機関庫内には動態保存されている蒸気機関車「アイアンホース号」もあるが、展示は夏季期間のみ。
093_20141122224214932.jpg 096_2014112222423222f.jpg
小樽市総合博物館に関する情報はこちらへ。

3.最後は札幌の紅葉を楽しむ
157.jpg 173.jpg
北海道大学で最後の紅葉を楽しむ。翌週末は降雪があったようだ。
R0022666.jpg R0022668.jpg
明治9年に創業されたサッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所だった跡地にあるショッピングモール「サッポロファクトリー」。当時の赤レンガを残した開拓使時代の歴史をたどる見学施設もある。つたの紅葉が見事。
181.jpg

【ひとこと】
・「北斗星」は上野・札幌約1200kmを15時間かけて結ぶ寝台特急。今後、廃止に向け予約が益々取りにくくなる事が予想されるが、JR九州の「ななつ星」等の臨時列車を除くと国内の定期運行寝台列車は消える運命にあり、乗れるうちに体験しておきたいところ。今回学んだ教訓としては下記の通り。
(1)平日の上り列車が狙い目
週末の下りは混雑するが、平日の上り列車は比較的確保しやすい。
(2)諦めずキャンセル待ちを!
旅行代理店の北斗星ツアー分の予約の為、一か月前の発売と同時に満席となるが、予約状況によりキャンセルが出てくる。
JR cyber station等で空席状況を調べ、みどりの窓口に照会すると意外と空席が出る事が多い。
(3)最後は、旅行代理店の北斗星ツアー
それでも駄目なら旅行代理店のツアーで申込む事になる。但し多少割高となるので、鉄道ファンとしては直接購入したいところ。

・今回の費用は夕食を含め一人当たり35,000円強。行きの羽田・札幌はスカイマークで9,000円。所要時間、費用を単純に比較すると鉄道の勝ち目はなく、寝台列車の廃止もやむを得ないところか。とは言え愛着のある寝台列車の旅を国内で楽しむ事ができるのもあと僅か。「カシオペア」「はまなす」等、何とか都合をつけてサヨナラ乗車をしておきたいものだ。

運賃(札幌・上野)             18,000
特急料金+B寝台個室(デュエット)     9,500
ディナー(フランス料理)                   8,000
(計)                                                35,500

2013.12月 いすみ鉄道に古き良き昭和の車両を訪ねて

千葉県にある「いすみ鉄道」は、国鉄の木原線を引き継いで1988年に誕生した第三セクター方式の鉄道。現在の社長は鉄道ファンで、外資系航空会社勤務から公募で就任した事でも有名。

関東なのでいつでも行けるだろう、と思うとなかなか行く機会がなかったが、12月の土曜日に「おとなの休日きっぷ」を利用し、漸く訪問する事ができた。
DSC_0457.jpg DSC_0461.jpg
東京駅から特急「わかしお」で約1時間20分、大原駅に到着。この時期の房総半島は観光客もまばら。
DSC_0464.jpg DSC_0463.jpg 
大原駅ホームに停車する2両編成のディーゼルカー、いすみ300系と350系(ムーミン列車)。
DSC_0477.jpg DSC_0479.jpg 
まずは大原駅から二つ目の上総東駅で下車し、撮影ポイントを探す。
DSC_0491.jpg
急行「いすみ」はキハ52とキハ28の2両編成で、土・日に一日2往復。
DSC_0481.jpg DSC_0487.jpg
のどかな昭和の風景が沿線に広がる
R0020412.jpg
かつてJR西日本・富山運転センター車両管理室に所属し、大糸線の非電化区間で運用されていたキハ52-125。2010年にいすみ鉄道に譲渡された。
R0020416.jpg
キハ52は現在国鉄色(クリーム色+朱色)だが、近々朱色の「首都圏色」に塗り替えられる事が決定した。
R0020419.jpg R0020421.jpg
(左)昭和39年製造・・・もう50年使用されている事になる (右)車内には、大糸線で活躍していた頃の名残が
R0020417.jpg
何と「日本国有鉄道」時代の路線図が貼られている。既に廃線となった路線(能登線等)が確認できる。 
R0020414.jpg R0020426.jpg
(左)夕暮れの国吉駅に停まるいすみ号 (右)帰りに寄った大原駅前の食堂で、刺身定食500円!

【ひとこと】
・いすみ鉄道はのどかな里山の風景を楽しむのに最適。やはり菜の花が咲く時期に訪れてみたい。(いすみ鉄道のHPはこちらへ) 
・尚、運転士はかつては全員がJRからの出向社員だったが、訓練費700万円を自己負担し養成訓練を受けた40-50代の運転士が活躍中らしい。詳しくはこちらへ。

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。