2011.10西吾妻山・蔵王

恒例の学生時代同期との「山登り+温泉を楽しむ会」、今回は東北を応援しようという事で、西吾妻山と蔵王に登ってきた。

初日は東京から山形新幹線で2時間強で米沢、駅レンタカーで30分程で登山口である天元台へ。そこからロープウェイとリフトを乗り継ぎ1,800m付近迄一気に行けてしまうので、中高年にはうれしい限り。

IMG_3416a.jpg
新幹線で東京から米沢まで約2時間で到着

三連休は高気圧に覆われ絶好の行楽日和、とは言うものの山の天気は不安定で、初日は雲が多く、時折晴れ間がのぞく程度。標高からすると気温は5度くらいと思われ、既に頂上直下の紅葉はピークを過ぎていたとはいえ、草紅葉と池塘めぐりは楽しい。

宿泊は米沢八湯の一つ白布温泉の中湯・不動閣。昭和の香りが漂う山間の温泉旅館で、秘湯というには中途半端ではあるが、露天風呂はなかなか快適だった。

翌日は快晴で、約1時間半のドライブで蔵王へ。ロープウェイ駅で1,800m付近迄行けるので、連峰の最高峰を越え、御釜が見える馬の背まで休憩を含め約2時間半の軽いトレッキング。

【ひとこと】
・東北・山形新幹線ができて、昔なら夜行列車を使っていた山域も気軽に行く事ができる。蔵王・吾妻・磐梯等、ロープウェイやリフトで一気に頂上付近迄登れてしまうので、一般の観光客も多いが、気楽にトレッキングができるのは嬉しい。

・温泉とおいしい米や蕎麦も楽しめるし、東北を応援する意味でも、山形の旅はお勧め。また近いうちに行く事にしよう。
IMG_3444a.jpg
白い可憐な花をつけていた夏の姿から一変、紅葉したチングルマ 
IMG_3469a.jpg
快晴!蔵王の御釜

その他の写真はこちらへ。
スポンサーサイト
プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR