スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク経由・ミャンマー周遊(その4. 半日でバンコクの4つの駅を巡る!)

Bangkok - コピー
今回の旅行は単独でない為鉄分は控えめであるが、半日だけ別行動。タイに来たら是非バンコクの中央駅(ファランポーン駅)訪問は外せないし、あと二つのターミナル駅である、トンブリ(カンチャナブリ方面列車の始発駅)とウォンウェンヤイ(マハチャイ方面始発駅)も、久しぶりに行ってみる事にした。

1. Makkasan Station (AM7:00)
まずはホテルから近いマッカサン駅にタクシーで向かい、バンコク中央駅を目指す。
R0022240.jpg R0022247.jpg
(左)昔の日本の駅を彷彿とさせる表示板 (右)のどかな南国の風景が広がる
DSC_0786.jpg DSC_0790.jpg
(左)立派な駅舎もあり、周辺は市場となっている。訪れるなら朝! (左)左はドラゴンフルーツ、右はマンゴ
DSC_0796.jpg 
(左)新型のディーゼル急行(スプリンター)が発車

2. Bangkok Central Station (AM8:40)
マッカサン駅から普通列車で約20分、料金は2バーツ(約7円!)で中央駅に到着。
R0022279.jpg
ファランポーン駅。ドーム型、櫛形プラットフォーム、光る床・・・・バンコクの表玄関に相応しい。
DSC_0813.jpg
午前9時、この時間はタイ各地からの夜行列車が次々と到着して、飽きる事がない。
R0022267.jpg DSC_0838.jpg
(左)寝台車からシーツが次々とホームに投げ出される (右)南部から到着した夜行列車
DSC_0818.jpg DSC_0825.jpg
タイ国鉄の最近の機関車の塗装・ロゴは随分モダンになった。
DSC_0822.jpg 
長距離列車が続々と到着
R0022270.jpg
木製なのにこの曲線・・・ベンチも随分凝っている。
R0022283.jpg R0022286.jpg
 一番線ホームには数々の改造車が (左)展望車風に改造された元14系客車(A.R.S.221、 オハネ14 33、「特急さくら」で使用) (右)観光列車、OTOP TRAINに改造(OTOP=One Tambom One Product。タイ観光庁によるバンコク近隣県の運動をイメージする図柄)
R0022284_20140802195455391.jpg R0022285.jpg
サロンカーに改造された元25系客車(A.R.S.241 、スハ25 301「特急あさかぜ」で使用)
DSC_0843.jpg
再開発で数年後にはターミナル駅の移転が計画されている。この風景を見られるのもあと何年か・・・

3. Thonbri Station (AM10:10)
さて、川向こうのトンブリ駅にはタクシーで約15分、約80バーツ(300円弱)
DSC_0844.jpg
昔トンブリ駅はチャオプラヤー川の波止場の真ん前にあったが、数年前場所が移転となった。
R0022297.jpg
カンチャナブリー方面の列車が発着。本数は極めて少なく、一日10往復もない。
R0022298.jpg
切符売場も閑散としている。
R0022299.jpg
次の列車迄あと2時間以上ある。
R0022301.jpg
バンコク中央駅とはまた異なる、のどかな風情が堪らない。プラットフォームのスペルが違うのはご愛嬌。
R0022302.jpg R0022305.jpg

R0022308.jpg DSC_0853.jpg
(左)昔のトンブリ駅はここから約0.8km東にあった。かつてのこの駅名はバンコク・ノーイ駅 (右)駅名標
DSC_0855.jpg
ホームには年季が入った秤が鎮座していた。

4. Wong Wian Yai Station (AM10:50)
最後に、再びタクシーでウォンウェンヤイ駅へ。やはり15分程度、80バーツ(約300円弱)で到着。
R0022312.jpg

R0022314_20140802203102fd5.jpg R0022320_20140802203104aed.jpg
(左)次の列車まで1時間以上 (右)ホームは一面のみ。屋台も活気がある
R0022313.jpg
最近はメークロン線・マハチャイも観光客が増えた事に伴い、この駅も有名になってきたようだ。
R0022321.jpg
さて半日でバンコクの駅を満喫できた。帰りはBTSでスクンビット方面へ。

【ひとこと】
・本当は実際に列車に乗れるのが一番良いのだが、タイの国鉄は入場券がなく、誰でも自由に入りホームの隅々まで歩く事ができる。時間がなくても機関車・客車、駅の雰囲気を味わう事ができるので、鉄道ファンならずとも是非お勧め。
 


スポンサーサイト
プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。