スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10月 秋山郷から登る苗場山

苗場山というとスキー場がある新潟県のイメージが強いが、長野県側から登る事もできる。絶好の行楽日和の10月中旬、学生時代の仲間と秋山郷の小赤沢登山口から登ってきた。
003_201410260848535cc.jpg 085_20141026085004792.jpg
(左)登山口は紅葉真っ盛り (右)抜けるような青空と黄葉のコントラストが美しい
049_20141026084927aa9.jpg 008_201410260848540cd.jpg
(左)登山道の中腹の木々は既に葉を落とし冬の装い (右)遥か向こうには妙高の山々が。
015.jpg
約2時間の登りで9合目の頂上湿原に到着。青空を写す池塘があちこちに広がる別天地。
013_201410260848556e2.jpg 027_2014102608485899d.jpg
(左)のんびりと木道を行き頂上を目指す (右)頂上付近から望む湿原と上越国境の山々
037_2014102608492455d.jpg 035_20141026084922503.jpg
(左)苗場山2,145mの山頂 (右)山頂から新潟県側に下る木道。後ろには平標山・仙の倉・万太郎山

051_20141026084928375.jpg 062_20141026084941015.jpg
(左)下りの登山道でから望む夕日に照らされた山肌 (右)登山口の駐車場に日暮れ迄に到着
080.jpg
翌日、秋山郷の天沼から鳥甲山方面を望む。湖に写った山々と紅葉・・・・絶景が楽しめる。
073_201410260849446a3.jpg 064_201410261134011ff.jpg
宿泊した切明温泉は河原の露天風呂で有名。脱衣場もなく開放感は抜群。
084_201410260849471b2.jpg
鳥甲山の風景。標高は苗場山より低いが迫力ある岩壁が見事。
089.jpg
鳥甲山にも是非次回は登ってみたいものだ。

【ひとこと】
・小赤沢からの登山道は最初は緩やかだが6合目から9合目までは鎖やロープがついた急登が連続するので、注意しながら登る。9合目からは高層湿原の中、木道が山頂迄続いている。東京を朝一番の新幹線で出ればレンタカーを利用し、当日中に往復する事も可能。
・切明温泉の露天風呂は開放感抜群。但し日中は観光客が多いので、ゆっくり楽しむには早朝がお勧め。

 
スポンサーサイト
プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。