スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.8月 北アルプス・裏銀座(ブナ立尾根~烏帽子岳~水晶岳~新穂高温泉)

8月はやはり、夏山の魅力を最大限に味わえる北アルプスへ。 今回は最深部の黒部源流の山々を目指す夜行2泊3日の山旅だ。
今回の日程は下記の通り。

一日目: 新宿(前夜発)+++信濃大町====高瀬ダム---ブナ立尾根---烏帽子小屋・烏帽子岳往復
二日目: 烏帽子小屋---野口五郎岳---水晶小屋・水晶岳往復---三俣山荘
三日目: 三俣山荘---双六小屋---鏡平・わさび平小屋---新穂高温泉===新宿

DSC_0788.jpg DSC_0796_20150829222704118.jpg
(左)新宿から臨時夜行列車「快速・ムーンライト信州」で出発。6両編成で指定券は売り切れの人気。(右)翌朝5時過ぎ、大糸線の信濃大町に到着後、裏銀座への登山口がある高瀬ダムへタクシーで向かう。
DSC_0833.jpg DSC_0801.jpg
(左)初日は北アルプス三大急登と呼ばれる「ブナ立尾根」を登り約4時間で稜線に到着。登っている最中は雨だったが山小屋に到着後、雲が切れ青空が広がった (右)烏帽子小屋。素泊まり6,500円
DSC_0831.jpg
小屋から烏帽子岳迄は片道約30分。
DSC_0842.jpg DSC_0861_20150829222736a28.jpg
(左)二日目は快晴。小屋を朝5:30出発 (右)まずは三ツ岳を経由して野口五郎岳へ。所要約3時間。
DSC_0862.jpg
野口五郎岳から望む水晶岳(2,986m)。カールを有する堂々とした山稜だ。
DSC_0858.jpg DSC_0864.jpg
(左)野口五郎小屋で一休み (右)登山道にてハイマツの中に雷鳥を発見
DSC_0851.jpg DSC_0840.jpg
(左)コマクサが可憐な花をつける (右)チングルマは既に花が散り実をつけていた
DSC_0902.jpg
山はすでに秋の気配。高山植物も紅葉が始まっている
DSC_0838_20150829222719dc6.jpg DSC_0896.jpg

DSC_0882.jpg DSC_0940.jpg
(左)8月下旬とはいえ所々に雪渓が残る。持参したカルピスでかき氷 (右)青空にウサギギクが映える
DSC_0905.jpg DSC_0918.jpg
(左)水晶小屋手前は崩壊が激しい。結構体力を消耗する (右)水晶小屋から水晶岳(2,986m)へ。所要時間往復約1時間15分
DSC_0922_2015082922275849c.jpg
水晶小屋から三俣山荘を目指す。鷲羽岳経由より時間短縮できそうなな黒部源流を経由したが、それ程楽な道ではなかった。
DSC_0931.jpg DSC_0934.jpg
(左)黒部源流経由の道。雪渓が残る (右)ようやく三俣山荘に到着。この日の行動時間は約11時間30分。 
DSC_0947.jpg
三日目。三俣蓮華岳のカールを行く。高山植物が咲き乱れ快適な道。
DSC_0957.jpg
白い花はタカネイブキボウフウ、手前の紫はトリカブトの花
DSC_0961.jpg DSC_0966.jpg
下山途中、鏡平山荘ではかき氷が楽しめる。ヘリコプターで運んでいるとの事。ついでに生ビールも(笑)
DSC_0980_20150829222840f35.jpg DSC_0981.jpg
わさび平小屋で昼食。ここまで来ればゴールの新穂高温泉は目の前。

【ひとこと】
・初日のブナ立尾根は1,300mの標高差を一気に登る。急登ではあるが樹林帯なのでペースをつかめばそれ程苦しくはない。しかし二日目の裏銀座核心部、特に野口五郎岳から水晶小屋手前は、巨岩や崩壊箇所があり、日差しを遮るものがなく結構体力を消耗する。今回は水晶小屋を往復し三俣山荘迄の行程であったが、行動時間が長くなり山小屋到着が遅くなったのは反省点。
・8月下旬ともなると夏山のピークは過ぎ、山小屋も空いていて比較的静かな山行が楽しめた。さて来年はどこに行こうか・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。