2015.9月 スリランカ・ミャンマー鉄道紀行(その2・ミャンマー編+α)

さてスリランカを後にしてミャンマーへ。しかし折角なので乗継地はバンコクを選択。夜行便で早朝空港に到着し、ホテルに荷物を置いた後は、早速ファランポーン中央駅へ向かった。

1. バンコク中央駅の朝
DSC_0612.jpg
いつ来ても絵になるファランポーン駅。地方からの夜行列車が続けて到着する時間帯。
DSC_0593.jpg DSC_0615.jpg
(左)バンコク・チェンマイ間には、日本のブルートレインが紫色に塗装され活躍
(右)タイ南部・スンガイコロク行き列車案内。電光掲示板と併用されていたが、無くなるのも時間の問題か
DSC_0618.jpg
夜行列車には必ず食堂車が連結。窓にシャツがなびいていたので思わず撮影。南国ならではの、のどかな風景

2. ミャンマー編
(1)マンダレーからヤンゴンへ600km移動

DSC_0661_20151125204517f7a.jpg
エアアジアでバンコクからマンダレー迄は2時間弱。無料のシャトルバスで市内に移動後、マンダレー駅に直行
DSC_0636.jpg
午後2時過ぎ、バガンから到着した列車と、モンユワ行きが並ぶ。両方ともJR北海道で活躍した気動車キハ141
DSC_0628.jpg DSC_0856_2015112520461906d.jpg
札沼線で使用されていた列車。塗装やシールもそのまま
DSC_0672.jpg
翌日、朝6時発のNo.12 Down列車でヤンゴンへ向かう。約600km, 15時間の長旅
DSC_0744.jpg
列車はディーゼル機関車が牽引する10両編成。1等、2等の他食堂車が連結されている
DSC_0809_20151125204557129.jpg DSC_0803.jpg
(左)3等車の車内 (右)食堂車もあり。焼きそばは約200円。
DSC_0786_20151125204555c4b.jpg DSC_0828.jpg
(左)車窓からは果てしなく広がる水田と青空 (右)主要駅のみ、ビルマ語と英語が併記
 DSC_0780.jpg
途中駅にて見つけた、元のと鉄道の気動車NT100型。幹線なので短距離の普通列車もたまにすれ違う。

(2)ヤンゴン中央駅と環状線
DSC_0866.jpg DSC_0908.jpg
(左)朝のヤンゴン中央駅。駅構内には静態保存の蒸気機関車が (右)JR西日本から譲渡された気動車キハ181。ヤンゴン環状線を3時間強で一周する。
DSC_0917.jpg DSC_0924.jpg
(左)キハ181の内部。内部は日本で活躍していた時とほぼ同じ (右)オリジナル塗装とラッピング車両
DSC_0955.jpg
三陸鉄道で活躍していた気動車36-100形
DSC_0959.jpg DSC_0016_201511252043572d6.jpg
(左)三陸鉄道の36-1100形 (右)JR東海で活躍していたキハ11
DSC_0999.jpg
プラットホームが市場となっているダニンゴン駅にて。背景は2015.5月に海を渡ってきたJR東海のキハ11。

(3)ティラワ港線と「北斗星」
DSC_0180.jpg
最終日はヤンゴンからティラワ駅に留置されている北斗星を見に行く
DSC_0176.jpg DSC_0177.jpg  
荷揚げされて7年。雨ざらしで痛々しい姿。このまま朽ち果ててしまうのか・・・
DSC_0207.jpg DSC_0216.jpg
ティラワ港線ののどかな風景。一日二往復のみ。
DSC_0169.jpg
ティラワ港にはJR東海から譲渡された20両以上の車両が荷揚げされていた。環状線で活躍する事だろう。

【ひとこと】
・ミャンマーはこれから近代化が急速に進むと思われ、老朽化した鉄道もこれから徐々に変わっていくと思われる。日本の援助で、まずはヤンゴン・マンダレー間の鉄道設備が近代化される事が発表されており、のどかな鉄道の旅を味わうなら今のうち。
・ヤンゴンの環状線には、日本の中古ディーゼル車が次々と集まってきている。第二の人生として南国の地で余生を送る車両に乗るのもまた一興だろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR