スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11瑞牆山

夏に「山は初心者」という友人達と筑波山に登ったが、「秋には東京から日帰りで行ける百名山、できれば展望が良いところに登りたい・・・」というリクエストに応え、11月初旬に山梨の瑞牆山(2,230m)へ行ってきた。

朝6時台の中央線の各駅停車で甲府で下車、レンタカーで登山口の瑞牆山荘に着いたのは9時半。当日は快晴、紅葉もピークとあって、既に山荘の駐車場は満杯。瑞牆山への登山道も一部渋滞しており、直下の岩場が続く箇所は待ち時間も発生していた。今日一日だけで1,000人近く登っているのではないか?

さすが百名山人気。中高年は勿論、若者のグループ、山ガールの姿も多く、長期減少傾向にあった登山者数が増えてきている事を実感する一日だった。

ちなみに私が瑞牆山に登るのは三回目。大学のワンゲル入部後、初めて「新人訓練」で訪れたのが第一回目であり、非常に思い出深い山域である。頂上に立った時、「30数年前に見たのと同じ景色を見ているのだなあ・・・」と、一瞬胸が熱くなった。
038 - コピー 067 - コピー
(左)頂上から眺める奥秩父の山々。遠くには富士山が見える。 (右)富士見平小屋付近の紅葉
069 - コピー 039 - コピー
(左)富士見平からの下りにて。 (右)頂上から眺める大鑢岩。登山口からの高度差は約700m

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。