スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日に山歩き(大山・1252m)

間違いなく歴史の大きな転換点でなるであろう2011年が終わった。何気なく過ごしてきた普通の日々がいかに貴重か再認識させられた一年だった。

今日から2012年。人生折り返し点を過ぎたがまだまだ先は長い。一日一日を無駄にする事なく、普通の生活ができる事を感謝しながら過ごしていきたいと思う。

さて、折角の正月なので富士山の写真を・・・という事で、数年前の大晦日に大山(1252m)を訪れた時の写真を紹介しよう。初詣で大山に行く人は多いが、忙しい大晦日に登る人は少なく、登山客は疎らだった。

この日のルートは下記の通り。標高差は約500m,歩行距離は約7km コースタイムで3時間半程なので、足慣らしにはちょうど良い。ところどころに雪が残っていたが歩行には支障なし。

秦野===(バス)===ヤビツ峠---大山---見晴台---日向薬師===(バス)===伊勢原

この時期の大山は空気が澄んでいて展望が良い。富士山が間近に見えるし、相模湾の海岸線もはっきりと見える。下山後の日向薬師付近にはのどかな田園風景が広がり、静かな山行が楽しめる。

たまには大晦日の山登りもいい。また、大晦日でなくとも、大山はこれから山登りを始めようという方にもお勧め!

161.jpg 164.jpg
(左)この時期は空気が澄んでいて富士山もはっきり見える (右)大山登山道の標識。この28丁目が頂上。

170.jpg 171.jpg
(左)頂上からの眺め。相模湾がキラキラと輝いている (右)大晦日の山頂の茶店は人もまばら

175.jpg 182.jpg
(左)大山からの下りの登山道にて。(右)周辺はすっかり冬の気配

177.jpg
(上)すっかり葉を落とした木々の間から青空が広がる。

188.jpg 199.jpg
(左)見晴台から下りの登山道にて、お地蔵さんがお出迎え 
(右)さらに下ると日向川沿いの道となる。この辺りはまだ晩秋の気配


204_20111225204533.jpg 207.jpg
(左)下山した日向薬師付近ののどかな田園風景 (右)道端には無人のみかん販売が

208.jpg 210.jpg
(左)日向神社の拝殿は草葺。道路より一段高い石組みの上に鎮座している
(右)帰りは神奈中バスで伊勢原駅迄約20分
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。