2012年正月登山・丹沢塔ノ岳(1,491m)

先日、数年前の大晦日に行った丹沢・大山をブログで紹介したが、今年は正月の運動不足解消の為、1月3日に塔ノ岳に登ってきた。

日程は下記の通り。大倉尾根からの塔ノ岳往復は丹沢では最もメジャーなコースの一つである。
日程: 渋沢===(バス)===大倉(300m)---塔ノ岳頂上(1,491m)---大倉==(バス)===渋沢

自宅を朝5時過ぎに出発し、小田急線渋沢駅始発バス(6:48発)に乗車。ほぼ満席で、殆どが単独の中高年男性なので、バス内は会話もなく静まり返っている。正月の大倉尾根はこんな雰囲気の登山者ばかりなのか・・・・と焦ったが、山頂や登山道で観察した結果、様々な人が正月の登山を楽しんでいた。

【正月の大倉尾根・人間ウォッチング】
推定登山者数:300-400名程
年齢: 下は小学校低学年から、上は80才代まで幅広いが、やはりメインは40-60代の中高年男性「正月ごろごろしているばかりなのも何だし、運動でもするか。家族も相手にしてくれないし・・・・」というところだろうか。(自分も含めて)
男女比: 7:3程度
パーティ構成: 単独が6割、残りが2-4名のグループ。10人以上の団体はいなかった。

・その他:「大倉尾根リピーター」らしき山慣れた人が多かったが、中には「その格好で大丈夫?」という人も。山ガールもちらほら。しかし登山靴でなく街で履くようなブーツだったり、午後になって中間点にも達していなかったり・・・あれでは日が暮れてしまうのでは、と心配になる。短パンのトレールランナーの姿も・・・ご苦労さまです。

【まとめ】
・正月の山に登るのは久しぶり。年初、新たな気分で山に登るのは良いものだ。天気が良ければ最高。
・大倉尾根は人が多く、登山道が広がって痛々しい所や、木の階段が整備されすぎていて興ざめの箇所もあるが、安心して登れるので、冬でも登山者が多いのは納得。
・やはり山頂からの富士山・相模湾・関東平野の眺めは素晴らしい。また違う季節に訪れる事にしよう。

017.jpg 016.jpg 029.jpg
(左)この時期はあちこちに霜柱が (中)登山道の途中にて。伐採した切株が積まれていた 
(右)最近は丹沢の指導標にもローマ字併記が。外国人の登山者もちらほら見られた


020.jpg 031.jpg
(左)花立1,300m付近から相模湾を望む。左側の市街地が秦野市、右側は小田原市。相模湾の右側に真鶴岬と伊豆半島が確認できる。
(右)到着時9:30の山頂の風景。どんよりと雲がかかっており、「折角正月に登ってきたのに、富士山の展望はなしか・・・」と、やや落胆


033.jpg 034.jpg 037.jpg
(左)山頂にある尊仏山荘も正月の装い (中)山荘でコーヒー400円を飲みながらしばし待機。朝早い時間の為、客は2人だけだった。 (右)山頂付近の気温はマイナス5℃。この時期にしては暖かい

049_20120103213818.jpg 064.jpg 
(左)山荘で待機していると、暫くして雲が切れ始め青空が広がり、そして待望の富士山が!10:00頃の風景
(右)やはり山頂で天気が良いと、気分が全然違う


060.jpg
塔ノ岳から西方向。富士山の右側の白い峰々は南アルプス(左から聖岳・赤石岳・悪沢岳)

046.jpg 072_20120103215205.jpg
(左)山頂から東方向。関東平野の奥には筑波山も眺められた
(右)10時頃の山頂付近の風景。まだ人は疎らだがこの後続々と到着。


078.jpg 103.jpg
(左)山頂も混んできたので下る事にする。山頂直下の階段からを振り返る。 (右)大倉尾根950m付近から丹沢表尾根方面を望む。塔ノ岳からこの尾根を歩きヤビツ峠に抜けるのもいい。

106_20120103215204.jpg 132.jpg
(左)大倉尾根900m付近。この辺りは道も広く歩きやすい (右)大倉バス停から先ほど降りてきた大倉尾根を振り返る。自宅にも15時前に過ぎに到着。さあ、翌日から仕事に復帰だ・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR