御徒町エリアの山手線高架下にできたスポット「2K540」

御徒町というとアメ横、上野松坂屋、はたまたディスカウントショップの多慶屋か・・・と地味なイメージであったが、昨年オープンした新しいスポットに先日行ってみた。名前は「2k540」、ニーケーゴーヨンマルと読む。JR東日本の子会社である、ジェイアール東日本都市開発によるプロジェクトらしい。詳細はこちら

鉄道用語では東京駅を起点とした距離「キロ程」で場所を示すが、この施設は東京駅から2k540m付近にあるため2k540と名付けられたらしい。 そして「AKI-OKA」は文字通り秋葉原(AKIHABARA)と御徒町(OKACHIMACHI)を示し、 「ARTISAN」は フランス語で「職人」を表す。

日本の伝統にこだわった匠の店が並び、歩いているだけでも楽しい。以前は見向きもされなかったような、山手線高架下が鮮やかに蘇っている。歩いている客層も従来の御徒町とは異なり洗練されている。御徒町から2k540経由で秋葉原に歩くと、交差点ごとに雰囲気ががらっと変わるのが面白い。
569_20120131082455.jpg 567.jpg
(左)2K540のロゴ  (右)案内版のデザインも統一され洗練された雰囲気

574.jpg  565.jpg
(左)飲食店も面白そうな店が並ぶ  (右)和の雑貨・食品を扱う「日本百貨店」前にて

566.jpg

【ひとこと】
・今までの御徒町エリアのイメージを覆す斬新なデザインで、歩いているだけでも楽しい。
・工房とショップがひとつになっていて、ここでしか買えない商品もあり、個性あふれる店が集まっている。値段はやや高いが、日本の伝統にこだわった匠の店が並んでおり、是非応援したいと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR