2012.3.16 The Last Running(小田急ロマンスカー10000・20000形とJR371系)

2012.3.17ダイヤ改正で小田急ロマンスカーの10000形、20000形が引退する。これらは1990年前後にデビューして約20年の車両で、老朽化が目立ち始めたとはいえ残念である。小田急は引退に際し特設サイト(こちら)を開設したが、これが実に手が込んでいてなかなかの出来で、スペシャルムービーも感動的。しかし鉄道会社の広報部も大変ですね・・・羨ましくもあるけれど。

さて小田急のサイトには全く触れられていないが、小田急からJR御殿場線に乗り入れる「特急あさぎり」用車両として、20000形と同時に導入されたJR東海の371系も引退が決まっている。

この371系はJR車両の中でも実にユニークなのだが、それは・・・
・ワイドビューで先頭車前面には大形の曲面ガラスを使用。海外の特急を連想させるスタイルで、JRの車両の中でもユニーク。
・3・4号車はダブルデッカー1階・2階部分の窓を縦につなぐ大胆なデザイン
・1991年に登場してから2次車の配備はなく、「1編成・7両」しか存在しない
・JR東海の車両であるが、敵陣(?)とも言えるJR東日本・新宿駅に、JR東日本の線路を通らず、小田急経由で乗り入れる
・今回のダイヤ編成で御殿場止まりとなり、沼津駅で見られるのはこれが最後。

秋には団体専用列車に改造されるらしいが、あまりゴチャゴチャいじらず、今のシンプルなデザインと色使いを生かしてほしいものだ。引退前に御殿場線を走る姿を是非見に行かなくては・・・と、3月の第一日曜日・朝5時に家を出発し沼津駅を目指した。

1. JR東海・371系
R0011882.jpg
沼津駅の3・4番ホームは木造でレトロな雰囲気。あさぎり2号は沼津8:00発であるが、JR東海道線のホームライナー沼津としても運用されており、ホームには静岡7:00発の客を乗せ7:40頃入線してきた。

R0011873.jpg R0011876.jpg R0011891.jpg
(左)東海道線内は「ホームライナー沼津」として運行。
(中)その後沼津駅で「特急あさぎり」となり御殿場線へ。ちなみにこの日1号車に乗車したのは8名、殆どは「お別れ目当て」の乗客。御殿場~沼津間は空気を運んでいるといわれる「あさぎり」、やはり運行区間短縮はやむを得ないか・・・
(右)ホーム上の「あさぎり」表示。これも数週間後には消されてしまう のだろう


R0011887.jpg R0011886.jpg
(左)連絡橋上の表示。「特急あさぎり号・新宿行」の表示があるが、これも消えてしまう
(右)横から見てもなかなかユニークな先頭車両


R0011874.jpg R0011896.jpg
(左)グリーン車はダブルデッカー。1・2階席が曲面ガラスでつながっている斬新なデザイン。20年前の設計だがまだ古びていない。 (右)沼津から松田まで、御殿場線内は1号車の普通車両に乗車。松田から新宿まで小田急線内はグリーン車に乗車。グリーン料金は460円と格安。

R0011901.jpg R0011906.jpg
(左)JR東海の車両の為、「静岡車両区」の表示
(右)最後尾、途中駅で下りの「あさぎり1号」20000形とすれ違う。やや見にくいがホーム端に陣取る鉄の皆さん


R0011924.jpg  
新宿駅に到着したあさぎり号。引退迄あと少しとあって注目度大。

2.小田急10000形・20000形
R0011951.jpg
R0011940.jpg
(左)20000形あさぎりの先頭車両 (右)新宿駅でJR371系と20000形の貴重な2ショット
R0011953.jpg R0011977.jpg R0011941.jpg
(左)20000形、1号車の表示 (右)RSE(20000形)、371系の乗車位置表示も近々消されてしまうだろう
 
R0011948.jpg
R0011979.jpg
(左)20000形のThe Last Running ステッカー (右)こちらは10000形。日曜とあって子供から大人迄大賑わい

R0011989.jpg R0012012.jpg
(左)10000形デッキから内部を望む (右)最後の機会、運よく展望車の最前列をゲットできた。

R0012014.jpg R0012018.jpg

(左)10000形の展望車から。自分を含め町田駅で半分が下車。 (右)町田駅にて最後の別れを

【ひとこと】
・特急あさぎりは今度のダイヤ改正で御殿場止まりとなり、一日3往復(週末は4往復)となる。新宿・御殿場間は所要1:35、特急券を含めた運賃が2,720円。ちなみに高速バスは所要1:40で1,630円・・・・これは余程「鉄道で行きたい」というこだわりがない普通の人々は高速バスを選んでしまうだろう。
・それでも、今回小田急はあさぎりに最新鋭の60000形を導入する。新宿・御殿場間であれば富士山・御殿場プレミアムアウトレット目当ての観光客、ゴルフ客の取り込みも期待できる。渋滞に巻き込まれる可能性があるバスとの優位性、車内販売等を積極的にアピールして、是非巻き返しを期待したいものだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR