スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6月 梅雨の合間を利用し志賀高原と本白根岳へ~水芭蕉と高山植物を楽しむ

今年は梅雨入りが早かったが、6月初旬の晴れ間を利用して志賀高原の志賀山(2,037m)と本白根岳(2,171m)へ。この時期の山は、晴れていれば新緑と高山植物が見事・・・という事で今回はそのご紹介を。
R0017989.jpg
志賀高原・四十八池の水芭蕉の群落。水芭蕉は尾瀬ヶ原が有名だが、四十八池は駐車場から徒歩1時間強でこの風景を楽しむ事ができるのでお勧め。
R0017982.jpg R0017970.jpg 
(左)志賀山へは四十八池から1時間弱の登りで到着。 (右)裏志賀山から大沼を望む 
R0017992.jpg
四十八池は木道が整備されている。6月の週末だったが予想より空いており、静かな湿原を楽しむ事ができた。
R0017990.jpg R0017972.jpg
(左)満開の水芭蕉 (右)キバナスミレも満開
R0017976.jpg R0017981.jpg
(左)ミツバオウレン。花の直径は2cm程。 (右)可憐な花をつけるムラサキヤシオ 
R0017978.jpg R0018012.jpg
(左)ピンクの蕾と白い花が美しいオオカメノキ(ムシカリ) (右)6月というのに桜(タカネザクラ)が満開
R0017994.jpg
快晴の横手山から望む北アルプス・後立山連峰と白馬岳方面。手前右は笠が岳。
R0018006.jpg
翌日は本白根山へ。白根山の駐車場から約1時間半。
R0018016.jpg R0018023.jpg
(左)上州名物・ソースかつ丼。カツをウスターソースにくぐらせただけの、シンプルな味。 (右)信州へ来たら蕎麦は外せない。長野駅で新幹線の待ち時間に。
R0018021.jpg R0018022.jpg
(左)帰りは湯田中の渋温泉の更に奥、地獄谷温泉で汗を流す (右)歴史ある地獄谷温泉の後楽館にて

【ひとこと】
・志賀高原・四十八池は、約1時間強のハイキングで気軽に湿原を楽しむ事ができる。
・本白根山も、駐車場から1時間半程で山頂に到着。気軽に高山の気分を味わう事ができる他、コマクサの群落もあり7月にもなればピンク色の可憐な花が満開となる事だろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。