スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.7月 イギリス鉄道紀行(その2: Virgin Train乗車体験記+Liverpoolの近郊鉄道)

英国の鉄道は1948年に国有化され、British Railways (BR、イギリス国鉄)として運行されていたが、ジョン・メージャーの時代に1994-1997年にかけ民営化された。現在は旅客鉄道だけで20数社が存在し、複数社が同一路線上に乗り入れている。

そのうちの一つが、リチャード・ブランソン率いるヴァージン・グループのVirgin Trains。ヴァージンと言えば中古レコードの通信販売会社に始まり、映画館、航空、金融等の様々な分野に進出したが、鉄道への進出は1997年。航空業界にヴァージン・アトランティック航空が旋風を巻き起こしたように、英国の鉄道へも「低価格・高品質」のサービスを導入し、その影響は非常に大きいと言われている。

現在はロンドン(ユーストン駅)を起点とするウェスト・コースト本線のマンチェスター、リバプール、バーミンガム、グラスゴー等への路線を運行している。(尚、厳密に言うとVirgin Trainsの鉄道営業権は2012年12月に失効。2026年3月迄の鉄道営業権はファーストグループ傘下のファースト・ウェスト・コーストに移行しているが、現状もVirgin Trainsの名前で運行されている。)

今回はVirgin Trainsを体験すべく、ロンドンから約300km離れたリバプール迄、約2時間の旅。

1. ロンドン・ユーストン駅を出発
R0018881 - コピー R0018885 - コピー
(左)Virgin Trainsが発着するロンドン・ユーストン駅正面 (右)ホームには各方面行きの列車が並ぶ。
R0018893.jpg
一等車専用ラウンジ。乗降客が多い割にはそれ程広くなく、優雅な感じではないが、飲食・スナックが無料で楽しめるのは有難い。
R0018890 - コピー R0018931.jpg
VIrgin TrainsにはPendolino型と Voyager型がある。リバプール・マンチェスター方面に使用されているのはPendolino型(Alstom社製)
 
2. チケットと料金
今回、指定券は日本からネットで購入。前売券は繁閑に応じ料金が設定されているので、平日昼間の便は安く購入可能。今回、London- Liverpoolの二等車普通席の最低料金は£19(約3,500円)だったが、一等車でも£38(約7,000円)・・・折角なので、軽食・飲物のサービスがある一等車を利用する事に決定。

London・Liverpool間の距離約300kmを2時間08分で結ぶ。東海道新幹線で言うと東京・豊橋間が約290km、ひかり号で1時間半程度。新幹線(指定券)の料金は約8,700円、グリーン車で12,700円。比較すると随分割安に移動できた事になる。
スキャン0001
(上)これがe-ticketの写。自宅のプリンターで印刷し、改札・社内検札で見せるだけなので非常に簡単。

繁閑による前売りの二等車料金の差の見本は下記の通り。(Virgin Train HPから引用) ご覧の通り最安で£12.5(約2,800円)、最高が£76.3(約12,000円)とかなり差がある。
Time.png

 3.外観と内部

R0018887 - コピー
1等車が4両+2等車が7両=11両の編成。斬新なデザインと色使い。(色使いはN’EXとやや似ているか?)
R0018921.jpg R0018920.jpg
(左)一等車のデッキとドア。号車は番号ではなく、アルファベット順・・・Hは9号車。編成表・座席表はこちら。
(右)フランスのアルストム社製
R0018925.jpg 
座席の配置は2+1。イギリスの車両はボックス席の間に広いテーブルがあるのが特徴。ご覧の通りティーカップも陶器、そしてコップもガラスで、決して使い捨ての紙コップ・プラスチックでないのが英国風。
R0018898.jpg R0018901.jpg
(左)各座席にはコンセントが設置。そしてWi-Fiが使えるのは有難い。 (右)11時台の出発だったので昼食がサーブされた。ツナサラダ、サンドイッチ(ハム&チーズ)から選択。パッケージのデザインも凝っていて、さすがヴァージン・グループの鉄道会社。
R0018909.jpg
ちなみに朝食のメニューはこの通り。かなり選択肢が広く本格的な朝食が供されるようだ。
R0018897.jpg R0018914.jpg
(左)紅茶の他、ソフトドリンク・アルコールも無料。ジンジャーエールを注文。 (右)一等車はWi-Fi 無料

4. Liverpool到着
列車は定刻通りLiverpool Lime Street駅に到着。
R0019030.jpg
Lime Streetの駅舎は典型的なヨーロッパのターミナル駅仕様。
R0018937.jpg R0019035.jpg
(左)Virgin Trains案内所前の切符販売機。事前予約した切符の受取も可能 (右)切符売場と出発案内
R0018930.jpg R0019014.jpg
(左)プラットホームの案内 (右)市内の案内標。方角と所要時間が一目瞭然で、非常に便利。
R0018986.jpg R0018977.jpg
(左)(右)物価の高いイギリスで、博物館は入場無料というのが有難い。

5. Liverpool Mersey Rail(近郊鉄道)

Liverpoolの近郊鉄道はMersey Railと呼ばれている。観光にはあまり使用する機会がない為、早朝に乗車体験に出かけてみた。
R0019016.jpg R0019025.jpg
(左)Liverpool Central駅 (右)ピクトグラムは黄色がベース。HPはこちらへ
R0019021.jpg
車両は黄色がベース。自転車持参で乗っている人が多いのに驚き。
R0019029.jpg
エスカレーターは右側に乗り、歩く場合は左側との事。やはり関西式が世界標準?

【ひとこと】
・リバプール、マンチェスターはロンドンから列車で2時間と手頃な距離。日本とはまた違った鉄道旅行が体験できるので、イギリスを訪れる機会があれば、是非鉄道を利用してほしい。鉄道ファンならずとも楽しめる事請け合い。
・尚、今回は平日昼間の列車を限定した前売(払戻・変更不可)だった為、片道7,000円程度で移動できたが、当日購入の場合は倍以上の料金が必要。朝晩の列車だと2万円を超すので要注意。
・リバプールはロンドンとはまた違った雰囲気で、主なスポットは歩いて回る事ができるのが魅力。勿論ビートルズのファンにとっては堪えられないだろう。今回は一泊だけで十分見る事ができなかったのが残念・・・また訪れてみたい。

【おまけ】
Virgin TrainのTV CM

英国のCMがYoutubeで見られる。(⇒下記画像をクリック)
この他にも色々あるので、興味がある方は検索を。

その1 Fly Virgin Train (2013)              その2  ABC 'Look of Love' (2009)
mqdefault.jpg        vir.png
最新の洒落たCM。さすが英国。                          ちょっと気恥ずかしいが、懐かしい曲に乗せて。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。