スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.7月 イギリス鉄道紀行(その4:コッツウォルズの保存鉄道)

今回の旅行で是非訪れたいと思っていたのが、蒸気機関車等の保存鉄道。現在イギリス国内には100を超える保存鉄道があるが、これらの路線の多くは1960年代のイギリス国鉄による大規模な合理化政策で廃止されたローカル線を復活させたものだという。

ロンドンから比較的近く、観光地として日本でも有名なコッツウォルズにあるGloucestershire Warwickshire Railway を訪れた。(HPはこちらへ)
R0018365.jpg R0018362.jpg
(左)ロンドンから鉄道で約1時間、Oxfordに到着 (右)First Great Westernの三両編成のディーゼルカー
無題 R0018591.jpg
(左)保存鉄道がある場所は上記地図のA地点。ロンドンから北西100km程。Oxfordでレンタカーを借り、出発地点のCheltenhamに向かう。 (右)駅舎には昔のポスターや本が並んでいて楽しい。
R0018507.jpg R0018518.jpg
(左)列車の出発は10:55 (右)丁度小学校の遠足で大賑わい。ベレー帽がお洒落・・・さすが英国は違う。
R0018557.jpg
今回牽引した蒸気機関車は、ノース・ブリティッシュ・ロコモティブ、1940年製。HPによると全部で10機前後が保存されているらしい。
R0018555.jpg R0018564.jpg 
ノース・ブリティッシュ・ロコモティブは、イギリス本国ばかりでなく、オーストラリア・ニュージーランド・マレーシア等、英連邦諸国向けの蒸気機関車も製造していた。
R0018593.jpg R0018537.jpg
窓口で切符を購入。一日乗り放題で£15(約2,300円)
R0018550.jpg R0018534.jpg
(左)二等車はテーブルをはさんで対面式 (右)一等車の入口。セミコンパートメントとなっている。
R0018545.jpg R0018544.jpg(
約40分で折り返しのToddington駅に到着。       R0018549.jpg
ホームで折り返しを待つ客車。食堂車も連結されており10両程度の編成。
R0018528.jpg R0018572.jpg
(左)郵便車両の保存もあり (右)Toddington駅アンティークの展示
R0018567.jpg R0018566.jpg
(左)旧型のディーゼルカーも元気に活躍 (右)Toddington駅構内の風景

【ひとこと】
・イギリス各地に残る保存鉄道の運営の大部分はボランティアが支えているという。今回も、おそらくリタイアしたと思われる人達が乗務員、駅員として活躍している姿が印象的で、この鉄道を愛しているのがひしひしと伝わってきた。ちなみに、イギリスの保存鉄道に関し、一般財団法人・運輸調査局の専門誌「運輸と経済」に掲載されていた記事はこちらへ
・この日は平日で比較的空いおり、乗客は現地の人が殆どで、日本人客は見かけなかった。ツアーに組み入れられた団体客が押し掛ける訳ではなさそうなので、静かな鉄道旅行が楽しめる。コッツウォルズ観光のついでに鉄道旅行を楽しむには最適。
・尚、始発駅Cheltenhamは競馬場が出発駅となっており、在来線の鉄道駅からは遠く離れている。レンタカーの利用が望ましい。

【おまけ】
・鉄活動を終え、一般観光客として楽しんだコッツウォルズの風景をどうぞ。この時期は夜9時を過ぎても明るく、緑も鮮やかで、のんびりと英国の田園風景を味わうには最適。
R0018644.jpg R0018603.jpg
R0018480.jpg

R0018594.jpg R0018481.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。