スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.9月 昭和の雰囲気を求めてバンコク中央駅へ

バンコク・ファランポーン駅は、タイ国鉄の長距離列車、近郊列車は勿論、マレーシア行の国際列車も発着する中央駅。頭端式ホームが並びヴォールト大屋根が架かるスタイルは典型的なヨーロッパ型のターミナル駅の趣を感じさせる。

ここに来ると日本の昭和時代のターミナル駅、特に上野駅の雰囲気を味わう事ができる。非電化でディーゼル機関車が牽引する客車が殆どで、エアコンなしの寝台車、客車、食堂車が普通に見られる他、日本から輸出された車両、譲渡された客車が現役で活躍しているのがその理由だろう。

DSC_0312.jpg
ファランポーン駅正面。9月のタイは雨季末期に入り、空はどんよりとしている。
R0019756.jpg
見事な大屋根からは太陽光が降り注ぐ。最近更新された駅の表示板が美しく輝いていた。写真のディーゼル機関車はGE製。
R0019971.jpg DSC_0307_20131109213438d82.jpg
(左)様々な種類のディーゼル機関車が活躍するが、これは日立製のHID型。米国GE製の機関車と共に、優良列車を牽引する「タイ国鉄の顔」となっている。 (右)ホーム先端部にある行先表示板も、手動で差替。
R0019968.jpg
タイ東北地方から到着した長距離列車。駅や車内には僧侶用の優先席もあり。
R0019769.jpg DSC_0306.jpg
(左)日本では見られなくなった行先表示板が大活躍。全て木製で赤が特急・急行等の優等列車用、白が普通列車用。(右)日本の10系客車を基本設計とする車両。塗装が剥がれて痛々しいが現役で活躍。
R0019772.jpg
特急・急行列車用の行先表示板がホームに並ぶ。
R0019972.jpg
こちらはバンコク近郊・チャチュンサオ行きの普通列車。オーストラリア製の中古車両を使用。
DSC_0340.jpg DSC_0342a.jpg
(左)ホームではほのぼのとした光景が見られる。地方からバンコクにやってきた家族だろうか。(右)一番端の12番線ホームでは、理容師の卵が無料で散髪の練習を行っている。
DSC_0338.jpg
ゆったりとした時間が流れる。背景は日本の10系車両を基に製造、輸出された客車。
R0019961.jpg R0019762.jpg
(左)到着した三等車にて。他の乗客が降りても爆睡中 (右)食堂車も日本製客車を改造したもの。 
R0019956.jpg
JRから譲渡された12系・14系・24系の車両も改造され、新塗装で長距離列車に組み込まれ元気に活躍中。
R0019949.jpg R0019947.jpg 
(左)塗装が剥がれている車両もあるがまだまだ現役 (右)昭和48年という事は40年働いている事になる。
 
【ひとこと】
・バンコク国鉄は電化されておらず、ディーゼル機関車が牽引する客車が大勢を占める。バンコク市内のスカイトレイン(BTS)、地下鉄(MRT)は近代的であるが、ファランポーン駅に一歩踏み入れると、昭和の雰囲気を満喫する事ができる。
・駅は改札がなく出入り自由、跨線橋・地下通路といったものは存在しないので線路の横断も自由。駅の中には乗客のみならず、ベンチに寝転がっている人、野良犬、そして日本の中古車両の改造車、新塗装車・・・被写体に事欠かない。
・残念ながら、中央駅は4-5年後にバーン・スーに移転する事が決定した為、ファランポーンで長距離列車の発着 が見られなくなるのも時間の問題だ。列車の遅延解消の為には致し方ないが、中央駅の風情が見られなくなるのは残念・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。