2014.1月 正月は北八ヶ岳へ~黒百合ヒュッテから天狗岳を往復

2014年の正月登山は、北八ヶ岳へ。昨年は北横岳・縞枯山に登ったので、今回は天狗岳へいざ。
R0020544.jpg R0020546.jpg
(左)中央本線・茅野駅から渋の湯迄はバスで約1時間 (右)渋の湯の登山口。ここから黒百合ヒュッテ迄は高度差約600m、コースタイムで約2時間の登りとなる。
R0020551.jpg
黒百合ヒュッテには午後2時前に到着。青空が広がる。
R0020556.jpg R0020598.jpg 
(左)テント場には雪だるまが (右)山小屋の中は薪ストーブで暖かい
DSC_0599.jpg
(左)時間もあるので、天狗岳のが眺められる中山を往復する。
R0020587_20140202174821906.jpg R0020575.jpg
(左)山小屋でも雑煮・おしるこが味わえるのは有難い (右)正月の特別メニュー・おせち料理
DSC_0590.jpg
中山展望台から眺めた北八ヶ岳の山々。奥が蓼科山、その手前が北横岳。
R0020571.jpg
中山から黒百合ヒュッテへ下る。遠く奥秩父の山々が眺められる。
R0020604.jpg R0020611_20140202174450f51.jpg
翌日は朝から曇り。天狗岳を往復するも展望は効かず。風も強いので即刻退散・・・残念。
R0020634.jpg R0020630.jpg
山小屋からの下りは所要時間1時間強。昼過ぎに渋の湯に到着し、温泉で暖まる。

【ひとこと】
・渋の湯からの天狗岳往復は、冬季でも比較的多くの登山者を迎えるコースで、新雪の直後でなければトレースははっきりしている。
・黒百合ヒュッテは快適な山小屋で、複数の薪ストーブが設置されており夜間でもそれ程寒さを感じなかった。
・今回は残念ながら天狗岳からの展望はきかなかった為、晴れている時に再訪してみたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR