スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12月 いすみ鉄道に古き良き昭和の車両を訪ねて

千葉県にある「いすみ鉄道」は、国鉄の木原線を引き継いで1988年に誕生した第三セクター方式の鉄道。現在の社長は鉄道ファンで、外資系航空会社勤務から公募で就任した事でも有名。

関東なのでいつでも行けるだろう、と思うとなかなか行く機会がなかったが、12月の土曜日に「おとなの休日きっぷ」を利用し、漸く訪問する事ができた。
DSC_0457.jpg DSC_0461.jpg
東京駅から特急「わかしお」で約1時間20分、大原駅に到着。この時期の房総半島は観光客もまばら。
DSC_0464.jpg DSC_0463.jpg 
大原駅ホームに停車する2両編成のディーゼルカー、いすみ300系と350系(ムーミン列車)。
DSC_0477.jpg DSC_0479.jpg 
まずは大原駅から二つ目の上総東駅で下車し、撮影ポイントを探す。
DSC_0491.jpg
急行「いすみ」はキハ52とキハ28の2両編成で、土・日に一日2往復。
DSC_0481.jpg DSC_0487.jpg
のどかな昭和の風景が沿線に広がる
R0020412.jpg
かつてJR西日本・富山運転センター車両管理室に所属し、大糸線の非電化区間で運用されていたキハ52-125。2010年にいすみ鉄道に譲渡された。
R0020416.jpg
キハ52は現在国鉄色(クリーム色+朱色)だが、近々朱色の「首都圏色」に塗り替えられる事が決定した。
R0020419.jpg R0020421.jpg
(左)昭和39年製造・・・もう50年使用されている事になる (右)車内には、大糸線で活躍していた頃の名残が
R0020417.jpg
何と「日本国有鉄道」時代の路線図が貼られている。既に廃線となった路線(能登線等)が確認できる。 
R0020414.jpg R0020426.jpg
(左)夕暮れの国吉駅に停まるいすみ号 (右)帰りに寄った大原駅前の食堂で、刺身定食500円!

【ひとこと】
・いすみ鉄道はのどかな里山の風景を楽しむのに最適。やはり菜の花が咲く時期に訪れてみたい。(いすみ鉄道のHPはこちらへ) 
・尚、運転士はかつては全員がJRからの出向社員だったが、訓練費700万円を自己負担し養成訓練を受けた40-50代の運転士が活躍中らしい。詳しくはこちらへ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。