2014.4月 LCCで行く台湾 (その2) 東アジア最高峰・玉山(3,952m)に登る

台湾の最高峰は、3,952mある玉山・・・日本では「新高山(にいたかやま)」として知られている。自然保護の為入山者数が制限されており、登山には許可証が必要。台湾人は抽選だが、外国人枠は先着順で有利という。今回、富士山より高いこの山に登る現地発二泊三日のツアーに参加してきた。
R0021456.jpg R0021459.jpg
(左)今回の参加者は9名、ガイド2名の計11名で台北からバスで向かう。麓の東哺温泉まで約5時間、登山口までは更に1時間半。(右)登山管理事務所にて入山届を提出。外国人はパスポートを提示し許可を得る。
R0021457.jpg
登山事務所にある案内図。ここからシャトルバス(200元、約700円、10分)で登山口へ向かう
R0021460.jpg R0021470.jpg
(左)登山口・塔塔加鞍部の標高は約2,800m。宿泊する山荘まで標高差800m, 山頂へは更に550mの登りとなる。(右)稜線の南側につけられたトラバース気味の道を行く。遥か彼方に目指す玉山の稜線が。
R0021525.jpg R0021530.jpg R0021471.jpg
(左)指導標は0.5km毎 (左)緯度が低いだけあって2,800mを超えた地点でもシダ等の植物が良く見られる (右)3,000m付近でもシャクナゲが満開 
R0021488.jpg
3,200m付近の針葉樹林帯の幻想的な風景。杉や檜が多くなる。
R0021476.jpg R0021523.jpg
山荘まで約9kmだが、高度順応する必要があるので休憩時間を含め6時間程かけてゆっくり登る。
R0021524.jpg R0021522.jpg
(左)排雲山荘は2013年度に改装された。収容人数は約90名 (右)小屋内部の寝室。2段ベッドで快適。
R0021492.jpg R0021495.jpg
(左)夕食券 (右)この日のメニューはカレー味のぶっかけ御飯と山菜(毎日同じかも?)
nEO_IMG_P1080846.jpgR0021517.jpg
(左)さて翌朝はご来光を見る為に起床AM1:30! 2:00の朝食後2:45に出発。しかし辺りは霧が立ち込めている・・・ (右)頂上直下の指導標
R0021513a.jpg
頂上に到着!残念ながら展望はなし(涙) ・・・ 晴天の玉山の写真は【ひとこと】の欄ご参照
R0021509.jpg R0021520.jpg
(左)頂上の気温は0℃、体感気温はマイナス5℃程度か (右)稜線・山頂では雷に注意!

【ひとこと】
・玉山登山は排雲山荘に宿泊し1泊2日、歩行距離は片道約11km, 標高差は1,350m。 技術的には難しくはなく、夏の日本アルプスの縦走路と同じような感覚で登れる。しかし標高が高い為、高山病の症状(頭痛、吐き気等)が出やすく、高度順化しながらゆっくりと登る必要がある。

・今回は残念ながら展望がきかなかった。天気が一番安定するのは10-11月頃との事。本来であれば下記のような絶景を楽しむ事ができるととの事なので、機会があれば是非再挑戦してみたい。

・尚、今回参加した現地発のツアー料金は約USD630、円換算で7万円弱。(こちらをご参照) 調べてみると日本発のツアーは往復の航空券・現地のホテル代込で20~25万なので、航空券をLCCで自ら手配した方が随分安く行ける。
300px-Mount_Yu_Shan_-_Taiwan.jpg
玉山(3,952m) ~Wikipediaから拝借

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 玉山登山

ブログにお立ち寄り頂きありがとうございます。

玉山登山を予定されているとの事、私が使ったのは日通ペリカントラベルネット・台湾です。
下記サイトをご参照ください。

http://www.pelican-travel.net/feature/06trek/trek_gyokusan.php

但し、今確認したところでは、詳細準備中で最新情報にアクセスできないようですので、直接メール等で照会頂いた方が良いかと思います。昨年は3か月ほど前に申し込みましたが、GW等はすぐ満員になってしまうようです。うまく予約できると良いですね。

以上

> こんにちは> 2015 3月か4月中旬 4_5日で東京から玉山登山1名希望です。
> >
> 現地発着のツアーを探していますがなかなか見つかりません
> (日本からのツアーだと高いので)そちらで行かれツアー会社など教えてもらうことはできますか。
> >
> >お休みが取れそうなので是非行きたいです
プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR