スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク経由・ミャンマー周遊(その2.バガン)

マンダレーとバガンの距離は約300km。飛行機だと約40分で到着するが、折角の機会なのでイラワジ川を下る船で移動する事にした。

1. マンダレーからバガンへ(スローボートでイラワジ川下り)
地図R0021936.jpg
(左)マンダレーからバガン迄はこの地図の通りイラワジ川を船で下り約9時間で到着 (右)料金はUSD43と外国人価格。ちなみに飛行機は約USD90。現地人の乗る船は更に遅いが、大分安いらしい。
R0021913.jpg 
マンダレーの船着場で荷物運びのおばさんが寄ってくる。足元が不安定なのでお願いする。料金は約100円。
R0021937.jpg R0021934.jpg
(左)朝食・昼食付。朝食はこの通り非常にシンプル。味は・・・期待しない方が良い (右)座席下のライフジャケット
R0021920.jpg  R0021951.jpg
(左)甲板で思い思いに過ごす。雨季でシーズンオフのため乗客は定員の半分ほど、約50名程度。日中はかなり暑くなるので、日陰に避難・・・・それでも暑い (右)バガンには午後3時過ぎに到着。タクシーの客引と交渉し、オールドバガン迄USD12。ヤンゴン等と比べて割高だ。

2.バガンの風景
DSC_0723.jpg
バガンはミャンマー屈指の仏教の聖地であり、イラワジ川中流に無数の寺院や仏塔が点在する。
R0022031.jpg R0021983.jpg
(左)自転車の他、馬車でパゴダを廻る事もできる。但し日中の暑さは半端でなく、我々は車で移動。 (右)道端のココナツとバナナ
DSC_0715.jpg
寺院やパゴダの殆どは11~13世紀に建てられたもの。仏塔の数は3000を超えるといわれている。
DSC_0736.jpg R0021976.jpg
R0022014.jpg
Sulamani Guphaya Temple。内部の回廊には、巨大な涅槃像や、人々の生活をを描いた壁画が残っていて圧巻。
DSC_0743.jpg R0021987.jpg
バガンでは珍しい黄金色のシュエズイーゴン・パゴダ。新市街の近くにある。
R0021997.jpg R0021964.jpg 
遺跡が集中するオールドバガン地区は規制の為宿泊施設が殆どないが、今回は数少ない例外であるホテル(Bagan Thiripyitsaya Sanctuary Resort)に宿泊。オフシーズンだったので、一泊朝食付きで約1万円は格安!
R0022026.jpg
夕日を眺めるスポットとして有名なシュエサンドー・パゴダ(Shwesandaw Pagoda)。自転車や馬車に乗って人々が集まってくる。
R0022029.jpg R0022019_20140726085629c1c.jpg 
(左)急な階段を登るとバガンの風景が一望できる (右)ヒンズー教の影響も見られる寺院もあり
R0022024.jpg
 
【ひとこと】
・マンダレーからバガンへ、船の移動は約9時間、揺れは殆どなくのんびりとした船旅を楽しみたい人にお勧め。但し、冷房がきいている訳ではなく、日中はかなり暑いので注意。鉄道もあるが時間通りに来ない事が多く、縦揺れが尋常でないという噂の為、今回は断念。
・バガンはカンボジアのアンコールワット、インドネシアのボルブドゥールとともに世界三大仏教遺跡と称される。自転車、馬車でも移動できるが、乾燥した荒地であり日中の暑さは相当のもの。今回はホテル経由で車を一日チャーターした。(USD35)。運転手のガイド(英語)があり、自分達のペースで廻る事ができるので効率的。
バガンの最大の魅力は、広い平原に点在する大小様々な仏塔の織り成す雰囲気だろう。実にゆっくりと時間が流れていく。今回は12年振りの訪問であったが、何度来てもその感動は褪せる事はない。ミャンマーに行く機会があれば是非訪れてほしい場所。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。