スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.1月 正月は今年も北八ヶ岳(高見石小屋から天狗岳)

正月休みは三年連続で北八ヶ岳へ行く事になった。昨年は黒百合ヒュッテから天狗岳を往復したが、今年は高見石小屋に宿泊し、中山峠を経由して天狗岳へ登るルートをとった。
028.jpg 025_20150201192735d1b.jpg
(左)JR中央線・茅野から渋の湯までバスで入り、11時半過ぎに歩き始める。今年は雪が多く樹林帯はこの通り (右)歩き始めて小一時間、展望が開ける
018_20150201192733656.jpg
賽の河原では見事な樹氷を見る事ができた。右側のなだらかなピークは明日登る中山
012.jpg 026_20150201192736e0f.jpg
(右)雪のモンスター (右)ソフトクリームのような雪庇
032.jpg
二時間程の歩行で高見石に到着。蓼科山、茶臼岳、北横岳等、北八ヶ岳の山々が美しい
052 (2) 050 (2)
(左)高見石小屋はすぐ裏が展望台。約2分で絶景が眺められる (右)テント場。この寒い中ご苦労様!
053_20150201192756695.jpg
夕日を眺めに展望台へ・・・段々陽が傾いてくる。気温は零下10度
062 (2)
中央アルプス方面に沈む夕日。右側手前が高見石小屋。
076.jpg  077_20150201192822a27.jpg
(左)夕食は湯豆腐とすき焼き風の肉 (右)本日の宿泊者は10名強。正月でもそれ程混雑していないようだ。
 079.jpg
翌朝、展望台へ登るも御来光は眺められず・・・手前は白駒池
081_201502011928249fb.jpg 093_2015020119282654e.jpg
(左)この日は残念ながら厚い雲に覆われていた。中山展望台にて (右)風が強く樹氷が見事に育っていた
102_20150201192827f43.jpg 106_20150201192848d05.jpg
(左)これから登る天狗岳を望む。左が東天狗岳、右が西天狗岳 (右)この日は風が強い上展望がきかず、天狗岳の登りは写真を撮る余裕なし。しかし山頂に到着後、幸運にも一瞬雲が晴れた!
105.jpg
しかしこの後すぐに再びガスに覆われた為、すぐ下山。黒百合ヒュッテで休憩後、渋の湯へは14時過ぎに到着。

【ひとこと】
・高見石小屋はこじんまりとした快適な小屋。小屋の裏がすぐ展望台となっており、夕日・御来光を気軽に楽しむ事ができるのは有難い。一泊二食で8,300円+暖房費300円(冬季のみ)
・樹林帯は風が弱くても、稜線上は吹き飛ばされそうな強風が吹き荒れる。気温も低いので十分な防寒対策が必要。今回は初日、賽の河原の樹氷と青空のコントラストはまさに絶景だった。これからも十分注意して冬山を楽しんでいきたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。