Day1: 阿里山森林鉄道・北門駅の列車基地 + 烏樹林製糖のサトウキビ列車

さて今回の2泊3日の台湾鉄道旅行、初日のメインイベントは烏樹林製糖であるが、午後のトロッコ列車運転(14:30)まで時間があるので、嘉儀駅の近くにある阿里山森林鉄道の北門駅を訪れた。味わいがある木造駅舎が保存されているだけでなく、駅前には昔の日本建築の旅館があったり、車両基地には多くの機関車・保存車両が見られるらしい・・・。

1.阿里山森林鉄道・北門駅へ
R0016690.jpg R0016696.jpg
(左)桃園空港に9:15到着。高鐵(台湾新幹線)桃園へはバスで約10分、そして高鐵嘉儀に11:00過ぎには到着。さすが高鐵! (右)高鐵嘉儀駅から台鉄(在来線)嘉儀駅までは、連絡バスで約20分。
R0016720.jpg
阿里山森林鉄道は台鉄嘉儀駅が始発であるが、現在台風による復旧工事中の為、一部区間を除き運休中。一つ目の北門駅迄はタクシーで約5分で到着。北門駅は1910(明治43)年の開設。現在駅前は公園となっている。
R0016707.jpg R0016708.jpg
(左)(右)駅前の「玉山旅社珈琲」は日本式旅館を改築してできたカフェ。旅館は戦後賑わっていたものの、阿里山への自動車道路の開通により鉄道が廃れた事に伴い、廃墟になっていた。しかし改築され、現在は地元の「洪雅書房」の経営者が運営している。郷土文化、環境保護を訴える空間で、ここまで来たら是非訪れてみたい。
R0016716.jpg R0016712.jpg
2階への階段。建物は3階迄あり、昔の写真、家具、雑貨等が展示され興味深い空間が広がっている。
R0016719.jpg 
サイフォンで丁寧に淹れるオーガニックのコーヒーは美味。店員さんもフレンドリー。

2.北門駅車庫(阿里山森林鉄路・車庫園区)
北門駅は阿里山鉄道において最も重要な駅。車庫や検車区があり、構内はかなり広い。
R0016723.jpg R0016726 - コピー
(左)北門駅の西側にある車庫の敷地。入場料不要、誰でも自由に入れる。9:00-17:00開園。 (右)これはアメリカ製のシェイ式蒸気機関車25号、動態保存されている。
R0016736 - コピー
オレンジ色の車両の後ろには黒色の旧型客車2両が保存されていた。PA-1は現在のロゴと変わらないが・・・
R0016734 - コピー  R0016731 - コピー
(左)PA-3は昔のロゴが使用されている (右)こちらはオレンジ色の旧型車両が2両。1925年製の貴賓者用車両と調理車をして使用されていたもの。
R0016733 - コピー
ご覧の通り「国家元首及び高級貴賓乗用」とある、由緒正しき車両だったらしい。
R0016738 - コピー R0016737 - コピー
(左)(右)最近迄利用されていた日本車両製のディーゼルカー「中興号」とその内部。
R0016732 - コピー R0016740 - コピー
(左)シェイ式蒸気機関車23号 (右)現役の車両・機関車たちが広々としたヤードに。現在阿里山森林鉄道は災害による復旧工事中であるが、早期復旧しこれらの車両が活躍している姿が見たい。
 
3.烏樹林製糖
台湾はかつて製糖産業が経済を支えており、鉄道はその運搬に大きな役割を果たしていた。製糖産業の衰退と共に殆どの路線が廃止となったが、現在それらのいくつかは観光資源として活用されている。今回訪れたのは嘉儀の南西約10km程離れたところにある烏樹林製糖。
R0016745.jpg R0016757.jpg 
(左)嘉儀から電車で約15分、新営駅からタクシー約10分(250元)で烏樹林製糖に到着 (右)トロッコ列車
R0016795.jpg
烏樹林駅の開設は1910年。駅舎の保存状態は良い。
R0016786.jpg
駅舎の前はトロッコ列車の他、気動車、貨物、機関車等が保存されている。
R0016756.jpg 
烏樹林製糖は当初東洋製糖が経営していたが、1927年に大日本製糖と合併の際、明治製糖に移管された。
R0016755.jpg R0016797.jpg
(左)東洋製糖の東京出張所の住所は「東京市丸の内仲通り」となっている (右)駅舎の中にある閉塞器
R0016754.jpg
博物館の展示品。どのようにして鉄道を敷設したかが解説されている。
R0016761.jpg
トロッコ列車は平日は2回の運行、休日は入場者の数に応じ多数運行される。この日は金曜日だった為、乗客は20人程度、ゆっくり楽しむ事ができた。入場料は列車乗車込で100元(約300円)
R0016767.jpg R0016769.jpg
台糖のアイスクリームを食べながら、片道約15分ほどのトロッコ列車乗車をのんびり楽しむ。
R0016775.jpg R0016779.jpg
(左)列車は一つ目の新頂碑駅で折り返し運転。 (右)列車を牽引するのは台糖の各生産拠点で活躍する徳馬(DIEMA)のディーゼル機関車。
R0016781.jpg
折返しを待つ間、機関車の運転席に乗せてもらう。
R0016793.jpg R0016762.jpg 
烏樹林駅に戻りヤードに保存されている車両を探検。右はディーゼル客車「成功号」
R0016789.jpg R0016787.jpg
保存されているディーゼル機関車。左は日立製、右はアメリカ・ワシントン州にあるSkagit Steel製。

【ひとこと】
・ 今回訪問した阿里山鉄道北門駅、烏樹林製糖とも、高鐵嘉儀駅から近いところにある。タクシーの利用となるが、鉄道ファンでなくとも、台湾の製糖産業、日本統治時代の駅舎・旅館等を探索するのは興味深い体験となるに違いない。
・2日目(旧型客車を使用した最後の普快車)・3日目(日本統治時代の駅舎)は、別途紹介予定。

Peach台北便搭乗 + 新設された関空LCCターミナル体験

現在東京から台湾直行便があるLCCは、Singapore Air出資のScootのみ。但しシンガポール行の途中降機としての運用で、往路・成田11:50-台北14:35はともかく、復路・台北6:50-成田10:40は週末弾丸旅行には使いづらい。しかも、最安で片道15,000円程度(諸費用込)で、期待したほど安くはないのが残念。

一方、関空からはPeachが一日2便往復しており、時刻表は下記の通り。午前便は関空発7:00と早朝で、公共交通機関アクセスにやや難があるものの、週末弾丸旅行にはぴったりのスケジュールである。昨年秋、台北便就航記念キャンペーンとして、諸費用込で片道6千円台のチケットが売り出されていたので、思わずクリック。 東京・大阪間の移動にはそれ以上の費用が必要であるのだが・・・(笑)   1月のある週末、仕事を終えた後新幹線に飛び乗りいざ大阪へ出発。
peach3.png
1.関空第2ターミナル(LCC専用)

R0016666.jpg
関空のLCC専用、第2ターミナルは2012年10月オープンしたばかり。白と水色を基調としたデザインでシンプルにまとまっている。第2ターミナルの詳細はこちらへ。
Peach台北便は出発7:00で、チェックイン締切時間は6:10。これは5:45分頃の風景。
R0016667.jpg R0016675.jpg
(左)ネットで購入した航空券のバーコードをリーダーにかざし、パスポートを読み取り、あっという間にチェックイン完了。時間にして1分。 (右)最初は違和感があったレシートのような搭乗券にも段々慣れてきた(笑)
R0016670.jpg
短期間の旅行、しかもLCCの場合は身軽に限る・・・という事で、デイパック1つで直接保安検査場に向かう。現在第2ターミナルを利用しているのはPeachのみ、しかも早朝なので行列もなくスムーズ。
R0016671.jpg
あっという間に出国手続を済ませ待合ロビーへ。免税店、レストラン、土産物屋等、必要最小限のものが揃っている。
R0016672.jpg
出発ゲートは5つ、当然ボーディングブリッジはなく徒歩でゲートに向かい搭乗。各ゲート迄の距離が明示されているので、どの程度歩くのか心の準備(!)ができる。
R0016674.jpg
そして搭乗。ゲートが開いたのは6:35、搭乗完了6:50。7時前には飛び立っていた。
R0017061.jpg
ちなみにこれは帰国時、到着ゲートを降りた様子。一旦2階に上がる事で出発便の乗客とは動線が分離されている。KLのLCCTターミナルのように、同じフロアで乗降客が行きかう・・・という大胆な事は日本では許されないだろう。(KLのレポートはこちらへ。)

2. Peach・台北便搭乗
さて今回の台湾旅行が実現したのも、Peachのキャンペーンで片道6千円台の航空券が入手できたおかげ。Air Asia, Jetstarがやや苦戦していると言われる中、LCCの中でも搭乗率が高く好調のようで、その人気の秘密はいかに?

ホームページは、三社の中ではPeachが一番親切で、好感が持てる。Air Asia , Jetstarは頑張っているものの、本社の英語サイトを単に日本語に訳し、写真を差し替えただけという印象なのに比べ、Peachは下記の通り搭乗前の注意点、LCCが既存航空会社と異なる点等を、丁寧に説明している。
peach.png
  
R0016679_20130126201727.jpg R0016681.jpg
(左)機種はAirbus320-200。現時点でPeachは同じ機種を7機保有している。 (右)座席指定料金320円で窓側を確保。搭乗率は、金曜朝の往路が8割程度、日曜の復路は満席だった。
R0016676.jpg
機内食のメニュー。完熟トマトパスタ、すきやき弁当の他、ピーチデニッシュ、濃厚ピーチアイスミルク等、バラエティに富んでいて、ついつい頼みたくなる。支払は日本円か就航国の通貨(台湾元)のみ。クレジットカードは1,000円から使用可能。
R0016680.jpg R0017057.jpg
(左)完熟トマトパスタ(700円)。注文してから15分程度かかるとの事なので、冷凍したものを機内で温めている様子。機内食のレベルでは、合格点だと思う。 (右)濃厚ピーチアイスミルクと飲み物のセット(500円)
R0016684.jpg
台湾・桃園空港には定刻より早く9時過ぎに到着。ご覧の通りPeachは中国語で「楽桃航空」。そしてMM・・・PeachなのにPがつかないが、これは何と「桃(MOMO)」からとったとの事。既に多くの航空会社があり、既にPE, PA等は埋まっており、なかなか由来にちなんだ2レターを選ぶことが出来ないが、偶然「MM」に空きがあったとらしい。
R0017055.jpg
尚、帰りのチェックインは自動チェックイン機ではなく、通常通りカウンターで。台湾のEva Airに業務委託されていた。搭乗も歩きではなくボーディングブリッジから。ちなみに左隣のカウンターはAir Asia X。

peach4.png
今回の費用明細。空港使用料、座席指定料金、支払手数料はかかるが、燃油サーチャージ不要でこの値段。これで台湾を往復できるのは驚異的・・・関西の人達が羨ましい。

3.補足(関空への移動)
今回の週末弾丸旅行では、金曜は有給を取得し、往路は木曜の業務終了後、新幹線を利用して大阪へ移動。(約13,000円)  復路は関空到着(22:00)後、JRで大阪へ向かい、「サンライズ瀬戸」で00:34発、東京着7:04で、そのまま出勤した。(特急券・乗車券10.500円)。
R0017070.jpg
サンライズ瀬戸・出雲に大阪で乗降できるのは上りのみ。正確に言うと、下りは「停車」はするものの早朝4時台なので、「乗降」はできない。
R0017074.jpg R0017076.jpg
一番安く利用できる「ノビノビ座席」を利用。個室ではなく「雑魚寝」ではあるが、窓の部分に50cm程の仕切りはある。寝台料金は不要、枕・毛布は付く。新幹線より安く、夜行高速バスよりは快適(?)・・・なので鉄道愛好者にはお勧め。尚、(左)は窓側から、(右)は通路側から撮影したもの。

【ひとこと】
・全日空出資のLCCは、成田がAir Asia Japan, 関空がPeachと棲み分けを行っており、首都圏在住者はなかなかPeachに乗る機会がない。しかしながら関空のLCC用ターミナルは結構使いやすいし、Peachのキャンペーンも魅力的で、この値段であれば気軽に海外へ行く事が可能で、うまく需要を掘り起こしていると思う。
Air Asiaの名物、CA真っ赤なユニフォームと濃いメークも捨てがたいが、Peachのピンクのユニフォームと爽やかさも魅力的だった。笑顔いっぱいで接客にあたっており、非常に一生懸命な印象を受けた。
・機内アナウンスでも「おおきに」と関西弁を使っていたり、搭乗券にも'OOKINI' と表示されているのもユニーク。
但しPeachは関空がベースなので、今後なかなか乗る機会がないと思うと残念。

早期復旧祈願~標高30mから2,200m迄を一気に登る台湾・阿里山登山鉄道

台湾の阿里山には森林鉄道があり、インドのダージリン鉄道、チリ~アルゼンチンを通るアンデス山鉄道と並んで、世界の三大登山鉄道と言われている。海抜30メートルの嘉義駅から一気に約2200メートルの阿里山駅までの距離は約70km、所要時間約3時間半。車窓からは、登るにつれ熱帯、亜熱帯、温帯、寒帯と移り変わる景観を楽しむ事ができる。

残念ながら2008年台風13号により被災、奮起湖~神木間は2箇所で大きな土砂崩壊がありトンネルを掘って迂回する必要がある為、運行再開は早くて2014年との事。今回紹介するのは、2007年11月に訪問したときの記録である。
438 - コピー
阿里山森林鉄道は、日本統治時代に阿里山のタイワンベニヒノキ等の森林資源輸送を目的に1906年から建設を開始し、1914年に現在の本線部分が全線開通した。その後も多くの支線が建設され、日本の神社建築等に用いる巨木が、この鉄道を用いて運び出されたという。

当初活躍したシェイ式蒸気機関車は現在ディーゼル機関車に置き換えられているものの、蒸気機関車は動態保存されており、臨時列車には使用可能との事。
433.jpg 434 - コピー
(左)標高30m、台鉄の嘉義駅が始発 (右)阿里山鉄道の切符売場。費用は片道399元(約1,100円)
442 - コピー
嘉儀駅に停まるディーゼル機関車。登りではディーゼル機関車を最後尾に配置し、推し上げる形で運転。
430.jpg
これが時刻表。平日は一日1便13:30発のみ。土日は9:00の便が増発される。所要約3時間半。
443 - コピー 446 - コピー
(左)客車は3両編成 (右)機関車は日本車両が2006年製造したもの
445 - コピー 436.jpg
(左)南国の風景を走る (右)嘉儀市内の公園に静態保存されているシェイ式蒸気機関車455.jpg 452.jpg
本線は嘉義~沼平間72.7kmの区間で2,200m以上の高さを登るため、ループ線やスイッチバックが続く。軌間は 762mm。渓谷を見下ろす雄大な景色も魅力で、平地から海抜800m以下の部分が熱帯、800mから1,600mまでが亜熱帯林、 1,600m以上が温帯林で、垂直分布の違いによる車窓変化も楽しめる。
457.jpg 456a.jpg
(左)(右)奮起湖駅で名物の駅弁を100元(約280円)で購入。 
459.jpg
終点の沼平駅前には土産物店が並び、ホテルが点在する。
468.jpg 470.jpg
翌朝、ご来光を見に祝山へ。祝山線は、阿里山名物の日の出を見る為に1986年に建設されたもので、一日一往復。これで採算が合うかどうかはわからないが、観光名物となっており賑やか。
472_20120929220911.jpg
展望台からの眺め。朝もやが美しい。
479.jpg 471_20121028125047.jpg
(左)現地の人々も上着を着込み、ご来光を見る為の紙製のメガネ持参 (右)祝山線は一日一往復、日の出の時のみ運行の為、最終列車が7:10出発とのなる。
482.jpg 483.jpg
名産のタケノコと湯葉のスープは冷えた体に嬉しい。50元(約130円)。 
485.jpg 458.jpg
(左)沼平駅に到着。ここから阿里山駅まで遊歩道を下る。徒歩で約30分。
(右)阿里山駅付近のホテル案内の看板。宿泊は約800元(約2,200円)だった。

【ひとこと】
・阿里山森林鉄道は、林業の衰退と阿里山公路(道路)の開通に伴い一時は廃止の議論も出た。車だと片道2時間程度を、倍近い3時間半をかけて登るのであるが、高度差2,200mの登山鉄道というのは世界でも珍しい。日本統治時代に建設され歴史的にも貴重なものであり、早期に復旧し末永く活躍してほしいものだ。

台湾国鉄に残る旧型客車

新幹線(高鐵)ができて台北・高雄(新左営)が約1時間半で結ばれるなど、台湾の鉄道もスピードアップが著しい。その一方で単線・非電化の区間もまだ残されており、そこにはディーゼル機関車が牽引する客車が活躍する光景が見られる。中でも日本から輸入された旧型客車のある風景は昭和時代と見間違うほどで、その時代を知る我々にとってはなかなか感慨深い。

しかしながら新幹線の開通で在来線で使用されていた車両が余剰となり、旧型客車は順次廃止される運命にある。現在、南廻線の枋寮・台東間に一往復が残るのみとなってしまった。

今回紹介するのは2008年11月に台湾を訪れ鉄道で一周した時に撮影した、高雄・枋寮間の平快車(*)、そして東部幹線の台東・花蓮間を走る普通車の写真である。
(*)平快車は旧型客車に冷房を付けて改造したもの。既に2010年に廃止となっている。

1. 高雄発枋寮行(平快車)
041.jpg 044_20120919195547.jpg
(左)高雄駅を出発  (右)連結されていたのは形式2300。1970年日本で製造された車両に、1998年台北機廠で冷房改造・窓の固定化が行われたもの。
067.jpg
牽引しているのはアメリカ製のディーゼル機関車R50(1966年製、22両が輸入された。これはR51なので一号機)
060_20120919195547.jpg 062.jpg  072_20120919195636.jpg 070_20120919195636.jpg 
計器も勿論日本製。平日の昼という事もあり、乗客は数える程だった。
074_20120919195635.jpg
単線のため途中駅で高雄行きの順行列車と交換。ちなみに台湾では時計回りが順行、反対回りが逆行という。
090.jpg
終点の枋寮駅にて隣のホームに停車していた車両。「行李」は荷物車、「郵政」は郵便車の意味。

2.台東発花蓮行(普快車)

146.jpg
形式32200型の旧型客車(インド製)
129.jpg 104_20120919195634.jpg (左)瑞穂駅にて。この辺りは水田が広がる田園地帯で、隣の駅の距離も長い 
(右)車窓にはのどかな南国の風景が広がる
133.jpg 131.jpg
(左)平日の午前中、殆ど乗客はいない (右)味わい深い行先表示
147.jpg 135.jpg
171_20120920211407.jpg  174.jpg
(左)終点の花蓮駅に到着 (右)駅前には静態保存の蒸気機関車が(日本のC12)

【ひとこと】
・窓を開け放ち風に吹かれながら景色を楽しむ事ができる、旧型客車の旅は味わい深い。
・現在、旧型客車を使用した列車は、坊寮・台東間を走る普快車1往復のみ・・・何とか理由をつけて近いうちに訪問してみたい。

2012.2月台湾鉄道紀行(その3)~集集線

さて台湾鉄道紀行(その3)は集集線の話題を。

集集線は全長29.7km、日本統治時代に水力発電所の建設資材輸送のために敷設された古い路線。一時期はモータリゼーション の進行で経営が落ち込み、廃線の危機にも遭ったが、台湾での鉄道人気と郷土史探訪ブームを受けて、観光路線に生まれ変わった。

駅舎など各所に当時のままの設備が現存しており、ノスタルジックな雰囲気を味わえる。台湾の鉄道人気は相当なもので、週末ともなると家族連れ、カップル、学生のグループ等で賑わう。

日本の鉄道ファンとしても、集集線には、単線の非電化路線を走る3両編成のディーゼルカー、味わいのある駅舎、閉塞タブレット、腕木式信号機、矢羽根付の転てつ器標識、硬券・・・。鉄道ファンの「琴線に触れる」アイテムが満載だ。
ershui20021103a_20120324133728.jpg

1. 二水(始発駅)を出発
R0011765.jpg R0011764.jpg
二水駅で幹線から別れ集集線へ入る。構内には現在は使用されていない青色の客車が放置されていた。
R0011747.jpg  timetable_20120318121752.png
(左)非電化・単線、南国の風景の中を走る (右)下りの時刻表。片道29.7kmを約50分かけて走る

 R0011540.jpg
R0011757.jpg
集集駅迄バスで来て、集集~終点迄往復する人も多いようで、二水~集集間は比較的空いている。
 
R0011763.jpg  R0011753.jpg R0011751.jpg
(左)ディーゼルカーの行先表示。「区間車」は普通列車の意味 (中)運転席にはこんな注意書きが 
(右)一番前・後の車両はかぶりつきの特等席。クリックすると短い動画がご覧頂けます。
 

2. 集集駅
R0011549_20120320215250.jpg  
集集駅舎正面。日本統治時代、1930(昭和5年)に建てられた味わいのある駅舎。1999年の台湾中部大震災で倒壊したが、見事に復元された。

R0011556.jpg
R0011553.jpg 
駅前には阿里山鉄道で使われていたシェイ式蒸気機関車が静態保存されている。ピカピカに磨かれており大切にされているのが判る。

R0011557.jpg
R0011561.jpg
(左)集集駅・改札口側。旧正月の後だったからか、たくさんの提灯が飾られていた
(右)ノスタルジックな風景を楽しみに地元の行楽客が次々と訪れる。天井のレトロな照明器具にも注目。

R0011559.jpg R0011574.jpg
(左)集集駅の手動ポイント操作機  (右)懐かしい転てつ器標識

R0011566.jpg R0011571.jpg
(左)集集駅前には名産のバナナを売る屋台が並んでいる。バナナもいろいろな種類がある事がわかる
(右)こちらも名産サトウキビのジュース。ほんのり甘く、素朴な味だった

R0011577.jpg R0011572.jpg
集集駅で下り列車を待つ行楽客。駅舎からは線路を横切りホームに出る。みな思い思いに写真撮影中。

3.水里駅・車埕駅(終点)
 R0011578.jpg 
R0011583.jpg 
(左)水里駅に到着したディーゼルカー (右)水里は集集線沿線で最大の町で、日月潭行きのバスが発着する

R0011731.jpg R0011733.jpg
(左)終着駅、車埕(ツァーツェン)はかつて林業の町として栄え、周辺の山々で伐採された木材が集められていた。林業の没落と共に寂れたが、最近は観光ブームにより再び注目を集めている (右)名物の木桶弁当も購入できる

R0011721.jpg
かつてはコンクリートの駅舎だったが1999年の大地震で倒壊。その後味わいのある木造駅舎に建て替えられた。「台湾で一番美しい駅」とも言われている。詳細はこちらへ。

【ひとこと】
・集集線は土日は混雑しているので、できれば平日の方がのんびりと楽しめる。
・列車は2時間に1本程度と本数が少なく、すぐに折り返してしまうので、列車を一本見送るように予定を組む必要あり。
・単線の為、列車の交換は濁水駅で行われるので、タブレット交換は見逃さないようにしたい。
・最後に、今回使用した切符の画像を。 
 スキャン0001 (2)  切符  切符2  
(左)高鐵・自由席(675元(約1,900円)) 約160km を1時間で結ぶ。ちなみに東京--静岡間(営業キロ180km)の新幹線自由席5,670円と比較し三分の一と割安!(日本が高すぎるのか・・・・) 
(中)集集線・硬券(15元(約40円)) (右)成功駅・自動販売機で購入

プロフィール

Nam Tok

Author:Nam Tok
・鉄道と山を求め、自由気ままに歩き回りたい・・・最近はアジアの乗り鉄、撮り鉄を楽しんでいます。また山登りも、自分の体力・技術にあわせ学生時代から続けています。
・このブログに立ち寄って頂きありがとうございます。鉄道と山の魅力が少しでも伝われば幸いです。
・ちなみにNam Tokとはタイ語で「滝」の意味です。そしてタイ国鉄にはNam Tok線があるだけでなく、Nam Tok駅も存在します。更に、タイ料理で肉、ハーブ、炒った米粉を和えたサラダもNam Tok(大好物!)であり、名前に拝借した次第です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR